富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 出納局 出納課 > 富山県歳入歳出決算について > 平成20年度富山県歳入歳出決算の概要

富山県歳入歳出決算について

最終更新日:2017年10月17日

平成20年度富山県歳入歳出決算の概要

H21.8.10 発表

※ 平成20年度一般会計決算のポイント

・歳入では、法人県民税や法人事業税、地方消費税、軽油引取税などが減少するなど、県税は6年振りに減少となったが、減収補てん債や臨時財政対策債などの県債が増加したこと、景気・雇用対策のための各種基金の造成や平成20年7月の豪雨災害に対する災害復旧対応などにあてる国庫支出金が増加したことなどにより、歳入全体では10年ぶりの増加となった。

・歳出では、厳しい財政環境の中、マイナス・シーリングよる経費の節減や新たに平成20年度から3年間の給料の臨時的減額等により人件費の削減を図りつつ、「元気とやまの創造」を目指し、中小業の振興、雇用の確保と創出、北陸新幹線の整備、子育て支援、医療・福祉の充実、県土保全の推進など「活力」、「未来」、「安心」の三つの柱に沿った重点施策を推進した。
 さらに、秋口からの深刻な世界的な金融危機が、急速に実体経済にも大きな影響を及ぼしたことから、国の緊急の景気雇用対策に呼応して、公共事業、主要県単独建設事業の前倒し、雇用、福祉、消費者関連の基金の創設などに取り組んだ。
これらを積極的に推進したことなどにより、歳出全体では10年振りの増加となった。

・実質収支は、5億50百万円の黒字となったが、その額は5年連続で減少し、昭和51年度以降で最も低い黒字額となった。

(詳細は関連ファイルをご覧ください)

【 情報発信元 】
出納局 出納課 資金決算係 電話:076-444-3418  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

出納局 出納課 資金決算係
電話:076-444-3418