富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 県民生活課 > 「とやま消費者トラブル防止川柳コンクール」の入選作品

「とやま消費者トラブル防止川柳コンクール」の入選作品

最終更新日:2013年9月28日

 富山県では、県民の皆さんが消費者問題への理解と関心を深め、複雑・多様化している消費者トラブルにあわないよう注意を呼びかける富山弁を使った川柳を募集したところ、614名の方々から1,198作品の応募がありました。
 このたび、応募作品の中から最優秀賞1名、優秀賞3名、佳作4名を選定しましたので、お知らせします。
 たくさんのご応募ありがとうございました。

1 入選者

最優秀賞(1名)
なんいらん タダでもいらん 引っかからん 高岡市 堀井 星来

【講評】
 悪質業者は、あの手この手を使って、私たちを騙そうとしてきます。中には“無料”だということを強調して契約を迫ってくる場合もあります。しかし、怪しい話やおいしい話には裏があることが多いことから、たとえ「タダ」であっても安易には乗らないように注意する必要があります。
 この作品では、そのような悪質業者からの勧誘に対しては、はっきりと断るという強い意志がリズム感のある富山弁で表現されています。

優秀賞(3名)
そんながけ おいしい話ちゃ 損ながけ 氷見市 東海 直樹
やっとかっと 貯めた虎の子 ねらうサギ 富山市 高畑 百合子
「いいが、いいが」 拒否したはずが 買うとった 黒部市 竹田 圭子

佳作(4名)
若いもんに 聞かにゃ分らん 後にして 氷見市 新井 豊一
その話 ちょっこ待たれ じゃまないけ? 氷見市 小森 優那
「もうかるちゃ」 けなるい話 のられんちゃ 黒部市 竹田 美紀雄
あんただれ なんで知っとる わしの事 高岡市 黒越 美雪

※入選者氏名について、一部、表示できない漢字は常用漢字で表示しています。

2 応募状況

 応募総数:1,198作品(応募者数:614名)
 詳しくは別添「応募状況」(右の関連ファイル)をご覧ください。

3 その他

 入選作品については、消費者トラブル防止のための各種啓発事業に活用させていただきます。

【 情報発信元 】
生活環境文化部 県民生活課 消費生活班 電話:076-444-3129  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 県民生活課 消費生活班
電話:076-444-3129