富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 県民生活課 > 「架空請求」に使われている事業者名等の情報

「架空請求」に使われている事業者名等の情報

最終更新日:2017年10月17日

 身に覚えのない利用料金を請求するなどの、いわゆる「架空請求」が県内で発生しています。
 富山県では、「架空請求」による被害の未然防止、拡大防止を図るため、「富山県民の消費生活の安定及び向上に関する条例」第16条の2の規定に基づき、「架空請求」に係る事業者名等の情報を提供します。

●「架空請求」に使われている事業者名等の情報

  右記の関連ファイルをご覧ください。 

●「架空請求」に対する対処方法
 
 上記情報に掲載された事業者名で「架空請求」を受けても相手に連絡せずに無視するとともに、「請求」の内容に不安がある場合には、県消費生活センターや市町村の消費生活相談窓口に相談してください。
 また、上記情報に掲載されていない事業者名で身に覚えのない請求を受けた場合にも、同様に、相手に連絡をせずに無視するとともに、不安な場合は、県消費生活センターや市町村の消費生活相談窓口に相談してください。

富山県消費生活センター
 〒930−0805 
  富山市湊入船町6番7号 富山県民共生センター1階
  TEL076−432−9233 
  FAX076−431−2631

富山県消費生活センター高岡支所
 〒933−0045 
  高岡市赤祖父211番地 高岡総合庁舎5階
  TEL0766−25−2777 
  FAX0766−25−2890

【 情報発信元 】
生活環境文化部 県民生活課 消費生活班 電話:076-444-3129  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 県民生活課 消費生活班
電話:076-444-3129