富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 県民生活課 > 地価公示・地価調査制度 > 平成17年地価調査の概要

地価公示・地価調査制度

最終更新日:2019年4月9日

平成17年地価調査の概要

1 全国

(1)大都市圏(住宅地・商業地)
住宅地、商業地ともに下落率は縮小した。

(2)地方圏(住宅地・商業地)
住宅地、商業地ともに下落率は縮小した。

2 県内

富山県の地価は13年連続の下落となっており、宅地見込地以外の用途で下落率の縮小がみられ、全用途平均では年間▲5.6%の下落となっている。
用途別変動率をみると、住宅地、宅地見込地、商業地、準工業地、工業地、市街化調整区域内宅地の全ての用途で年間1割未満の下落となっている。

※市町村別・用途別変動率一覧表及び変動率推移(住宅地・商業地)は関連ファイルをご覧下さい。

(1)富山市、高岡市
富山市及び高岡市では、住宅地、宅地見込地、商業地、準工業地、工業地、市街化調整区域内宅地の全ての用途(林地を除く)で年間1割未満の下落となっている。

(2) その他の市町村
住宅地では、上昇した市町村はなく、1町で年間1割以上の下落となっており、7市8町で年間1割未満の下落、1村で横ばい、1市でわずかな下落となっている。
商業地では、上昇した市町村はなく、全ての市町村で下落となっており、2町で年間1割以上の下落、6市5町で年間1割未満の下落、1市でわずかな下落となっている。

(3) 林地
林地については、▲7.3%の下落となっている。

(4) 上昇率上位地点等
基準地のなかで上昇を示した地点はなかった。(前回も上昇地点なし)
なお、変動率0.0%地点は、11地点であった。
※ 内訳 住宅地8地点、準工業地1地点、市街化調整区域内宅地2地点

(5) 下落率上位地点等
基準地のなかで最も大きい下落率を示したのは、富山市婦中町の市街化調整区域内宅地(▲14.5%)であり、以下10位まで商業地3地点、住宅地2地点、準工業地2地点、市街化調整区域内宅地2地点となっている。
また、変動率がマイナスを示したのは223地点(前回247地点)であった。
※ 内訳 住宅地129地点、宅地見込地3地点、商業地49地点、準工業地23地点、工業地3地点、市街化調整区域内宅地16地点
このうち1割以上下落した地点は16地点

(6) 価格高順位地点
基準地のなかで最も高い価格は、住宅地では富山市舟橋南町の94,500円/m2(17年選定替え)、商業地では富山市桜町の410,000円/m2(14年連続)であった。

(7) 地価公示との共通地点の変動率
地価公示との共通地点の昨年後半(7〜12月)と今年前半(1〜6月)の平均変動率をみると、住宅地(10地点)では、それぞれ▲3.5%、▲2.4%、商業地(4地点)では、それぞれ▲3.4%、▲3.1%となっている。

【 情報発信元 】
生活環境文化部 県民生活課 水雪土地対策班 電話:076-444-3126  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 県民生活課 水雪土地対策班
電話:076-444-3126