富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 自然保護課 > CSF(豚コレラ)ウイルス拡散防止のお願い

CSF(豚コレラ)ウイルス拡散防止のお願い

最終更新日:2019年11月22日

 富山県内では、令和元年7月27日(土)に発見された死亡イノシシのCSF感染が確認され、その後もCSFに感染した野生イノシシが確認されています。このため、今年度の狩猟期においては、CSF感染確認区域で狩猟を行う際の防疫措置の徹底を図ったうえで、狩猟によるイノシシなど有害鳥獣の捕獲を促進します。
※11月14日に石川県金沢市でもCSFに感染した野生イノシシが確認されました。

1 CSF感染確認区域とは

 CSF感染確認区域は野生イノシシのCSF陽性確認地点から半径10kmの区域です。
 この区域はイノシシのウイルス検査結果により拡大する可能性があります。
※11月14日に石川県金沢市田島地内でCSFに感染した野生イノシシが確認されました。関連リンクの石川県HPもご確認ください。

【豚コレラ感染確認区域の確認方法】 
(1)関連リンクの「CSF(豚コレラ)に関する情報について【県農業技術課】」から、関連ファイル内の「CSF(豚コレラ)感染いのしし発見地点地図」の最新版をご確認ください。石川県での感染確認区域については関連リンクの「CSF(豚コレラ)に関する情報について【石川県】」から、「位置図」をご確認ください。

(2)県自然保護課または農業技術課に電話にてご確認ください。
自然保護課野生生物係:076−444−3397
農業技術課畜産振興班:076−444−3289


2 防疫措置について

以下の点にご注意ください。
(1)感染確認区域で狩猟を行った場合は、イノシシを捕獲しなかった場合でも、必ず靴・衣類、道具、手指、車両等使用したものを消毒してください。
(2)感染確認区域で捕獲されたイノシシ、及びその肉等(加熱処理したものは除きます)は、感染確認区域外へ持ち出さないでください。
※詳しくは関連ファイルの「CSF(豚コレラ)ウイルス拡散防止対策のお願い」をご覧ください。

【 情報発信元 】
生活環境文化部 自然保護課 電話:076-444-3396  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 自然保護課
電話:076-444-3396