富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 自然保護課 > 特定外来生物について

特定外来生物について

最終更新日:2019年8月2日

 特定外来生物とは、外来生物のうち、生態系、人の生命・身体、農林水産業に被害を及ぼすものや、被害を及ぼすおそれがあるもののなかから、外来生物法に基づき国が指定した生物を指します。特定外来生物は、外来生物法により飼育・運搬・保管等が規制されています。

特定外来生物「セアカゴケグモ」について

 平成30年8月29日、県内で5例目となる特定外来生物「セアカゴケグモ」が、富山市北西部の事業所において確認されました。
 セアカゴケグモに攻撃性はありませんが、メスは毒を持っており、触ると咬まれることがあります。見つけても素手で捕まえたり、さわったりしないよう気をつけてください。
 駆除方法については、家庭用殺虫剤(ピレスロイド系)を用いるほか、靴で踏みつぶすことで駆除することができます。
 県内でセアカゴケグモを見つけた場合は、県自然保護課や市町村等にご連絡ください。

【県内における確認事例】
・1例目:平成29年2月14日 富山市長附地内  事業所 1匹
・2例目:平成29年8月1日 富山市下赤江地内 事業所 1匹
・3例目:平成30年8月24日 射水市津幡江地内 事業所 2匹
・4例目:平成30年8月27日 富山市下赤江地内 事業所 10匹
・5例目:平成30年8月29日 富山市北西部   事業所 1匹
※全て駆除と防除を実施しています。

特定外来生物「ヒアリ」について

 特定外来生物に指定されている「ヒアリ」は、平成29年6月に兵庫県尼崎市で確認されて以降、国内で相次いで確認されています。
 ヒアリは攻撃性が強く、刺されると強い痛みが生じ、体質等によっては強いアレルギー反応(アナフィラキシーショック)を起こすおそれがあります。
 素手で捕まえたり、さわったりしないよう気をつけてください。
 
 環境省では、正確な情報発信及び不安の解消のため、相談ダイヤルを開設しております。
 ヒアリと疑わしいアリを発見した場合の相談や、ヒアリの特徴等の相談に関しては、下記ヒアリ相談ダイヤルもしくは県自然保護課野生生物係までご連絡をお願いします。

【環境省 ヒアリ相談ダイヤル】
 0570−046−110
○受付曜日:(7月〜9月)毎日
      (10月〜3月)月・水・金
○受付時間:午前9時から午後5時まで

特定外来生物「カミツキガメ」について

 特定外来生物に指定されている「カミツキガメ」が、県内で確認されています。
 本来、水中で生活しているカメであり、人の目につくことは稀ですが、陸に上がった個体は攻撃的で咬まれる可能性もあるため、注意が必要です。
 カミツキガメについての詳細は、関連ファイルをご覧ください。

【 情報発信元 】
生活環境文化部 自然保護課 野生生物係 電話:076-444-3397  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 自然保護課 野生生物係
電話:076-444-3397