富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 自然保護課 > 特定外来生物について

特定外来生物について

最終更新日:2019年6月6日

特定外来生物「セアカゴケグモ」について

 平成30年8月29日に県内で5例目となる神経毒を有する外来種の「セアカゴケグモ」が、富山市北西部の事業所において確認されました。すでに駆除されており(1匹)、確認場所周辺を殺虫剤により防除したうえで、他の生息個体を探しましたが確認されませんでした。

 セアカゴケグモは、攻撃的なクモではありませんが、咬みつき被害に注意が必要です。素手で捕まえたり、さわったりしないよう気をつけてください。
 
 県内でセアカゴケグモを見つけた場合は、県自然保護課や市町村等にご連絡ください。
 セアカゴケグモは、家庭用殺虫剤(ピレスロイド系)を噴霧すれば駆除できますので、弱ったことを確認して確実に踏みつぶして下さい。また、周囲にも潜んでいたり、卵がある可能性があるので、よく確認するなど注意してください。

【1例目:平成29年2月14日 富山市長附地内  事業所 1匹】
【2例目:平成29年8月1日 富山市下赤江地内 事業所 1匹】
【3例目:平成30年8月24日 射水市津幡江地内 事業所 2匹】
【4例目:平成30年8月27日 富山市下赤江地内 事業所 10匹】
【5例目:平成30年8月29日 富山市北西部   事業所 1匹】
※全て駆除と防除を実施しています。

特定外来生物「ヒアリ」について

 特定外来生物に指定されている「ヒアリ」は、平成29年6月に兵庫県尼崎市で確認されて以降、国内で相次いで確認されており、我が国への侵入及び定着が懸念される状況となっています。
 ヒアリは攻撃性が強く、巣を刺激したりすると集団で襲い掛かります。
 素手で捕まえたり、さわったりしないよう気をつけてください。
 
 環境省では、正確な情報発信及び不安の解消のため、相談ダイヤルを開設しております。
 ヒアリであると疑われるアリを発見した場合の相談や、ヒアリの特徴等の相談に関しては、下記ヒアリ相談ダイヤルもしくは県自然保護課野生生物係までご連絡をお願いします。

【環境省 ヒアリ相談ダイヤル】
 0570−046−110
○受付曜日:月・水・金・土・日・祝
○受付時間:午前9時から午後5時まで

特定外来生物「カミツキガメ」について

 特定外来生物に指定されている「カミツキガメ」が、県内で確認されています。
 本来、水中で生活しているカメであり、人の目につくことは稀ですが、陸に上がった個体は攻撃的で咬まれる可能性もあるため、注意が必要です。
 カミツキガメについての詳細は、関連ファイルをご覧ください。

【 情報発信元 】
生活環境文化部 自然保護課 野生生物係 電話:076-444-3397  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 自然保護課 野生生物係
電話:076-444-3397