富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 自然保護課 > 希少野生動植物の保護について

希少野生動植物の保護について

最終更新日:2016年7月14日

希少野生動植物保護条例

 富山県は、様々な生態系を有しており、その中に多種多様な生物が生息・生育しています。
 一方、開発行為や過度の捕獲・採取及び外来種の影響や自然環境の変化などが要因となり、県内の絶滅のおそれのある野生生物の種は899種にも上っています。
 このため、県では、県内の生物の多様性を保全し、人と野生動植物が共生する豊かな自然環境を次代に継承するために、「富山県希少野生動植物保護条例」を制定しました。

指定希少野生動植物

 県内の希少野生動植物(県内に生息し又は生育する野生動植物の種で、個体数が著しく少ないもの等)のうち、特に保護を図ることが必要なものを「指定希少野生動植物」として指定します。

指定一覧

希少野生動植物保護基本方針

希少野生動植物の保護のための基本方針を定めました。

希少野生動植物保護条例施行規則

条例で規定する届出や許可等に関する手続きについて規定しています。

関連ファイル

【 情報発信元 】
生活環境文化部 自然保護課 電話:076-444-3396  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 自然保護課
電話:076-444-3396