富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 環境保全課 > 液化石油ガスに係る注意喚起 > 食品工場及び業務用厨房施設における一酸化炭素中毒事故の防止(平成29年9月)

液化石油ガスに係る注意喚起

最終更新日:2019年2月21日

食品工場及び業務用厨房施設における一酸化炭素中毒事故の防止(平成29年9月)

 近年、全国の食品工場及び業務用厨房施設(レストラン、食堂など)において液化石油ガスの消費設備による一酸化炭素(CO)中毒事故が発生しています。
 これらの事故原因は、機器の経年劣化や換気が不十分なため、消費設備が不完全燃焼を起こし、一酸化炭素が発生したものです。
 
 県では、CO中毒事故を防止するため、業務用換気警報器(CO警報器)の設置を呼びかけ、消費設備の維持管理のポイントをとりまとめたリーフレットを作成しました。
 各事業所におかれては、このリーフレットを参考に、必要な対策を実施いただきますようお願いします。

(詳しくは、リーフレットをご覧ください。)

【 情報発信元 】
生活環境文化部 環境保全課 電話:076-444-3144  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 環境保全課
電話:076-444-3144

関連ファイル