富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 環境保全課 > 地下水の守り人技術講習会・交流会の開催結果について

地下水の守り人技術講習会・交流会の開催結果について

最終更新日:2017年12月19日

 県と(公財)とやま環境財団では、消雪設備の節水、名水・湧水等の保全、工場・事業場における合理的な利用などに積極的に取り組んでいただける方を「地下水の守り人」として養成・登録してます。
 このたび、地域に根ざした地下水保全活動を一層促進するため、企業の取組み紹介や守り人同士での意見交換を行う技術講習会・交流会を開催しましたので、その結果をご紹介します。

1 開催日時等

開催日時:平成29年10月5日(木)14:00〜16:15
開催場所:YKK株式会社YKK50ビル大会議室

2 主な内容

(1)活動報告(企業の取組み紹介)
 YKK株式会社黒部事業所の担当者(守り人登録者)から、当該工場における工程水の節水(ポンプのインバータ化、井戸洗浄による再生等)、構内消雪用水の節水(工場の冷却水(湧水活用)の多段利用)などの取組みが紹介されました。   

(2)技術講習
 節水につながる機器設定のほか、冷却水の消雪水への多段利用、降雪検知器を最新技術のものに更新し誤作動が大幅に減少されたこと等について、現地で実物を確認しながら実習を行いました。

(3)意見交換
 活動主体ごとに「地下水保全のために今後取り組んでみたいこと」をテーマに意見交換を行いました。

《各主体の主な意見》
ア 消雪関係
・ 最新技術を用いた降雪検知器の効果の把握
イ 名水・環境教育関係
・ 大人だけでなく、次世代を担う子供たちに対し地下水を含む水環境保全の大切さについてイベント等を通じて関わってもらうことが重要
・ 自噴井戸節水対策や森づくり、水田涵養の推進
・ 30年度に県内(黒部市)で開催される「全国名水サミット」のPR必要
ウ 事業活動関係
・ 空調や冷却等に用いた地下水の多段利用による揚水量の削減
・ 各工程での水使用量の「見える化」及びそれを踏まえた節水方法の検討
・ 水循環に関する環境教育イベントの主催及び積極的な参加

【 情報発信元 】
生活環境文化部 環境保全課 指導係 電話:076-444-3144  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 環境保全課 指導係
電話:076-444-3144