富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 環境保全課 > コールド・エバポレータ取扱指針(平成29年3月改訂版)

コールド・エバポレータ取扱指針(平成29年3月改訂版)

最終更新日:2017年6月22日

 超低温液化ガスの状態で液化窒素や液化酸素等を貯蔵するコールド・エバポレータ(CE)は、産業活動や医療用など多くの分野で利用されています。
 しかしながら、設備の取扱いを誤ったり、管理が不十分な場合は、ガスの噴出、設備の破裂、凍傷、窒息などの事故につながるおそれがあります。

 富山県と富山県高圧ガス安全協会では、CEの適切な取扱いや維持管理を推進し、事故の未然防止を図るため、このたび「コールド・エバポレータ取扱指針」(改訂版)を作成しました。
 CEを取扱う事業所においては、日常の運転管理、定期的な自主検査、従事者の保安教育などに幅広く本指針を活用いただき、自主保安活動の推進に努めていただくようお願いします。

改訂版の特徴

(1) CEの構造、機能、取扱方法及び保安管理等について具体的に解説
(2) 日常の作業等に関して「なぜそうしなければならないのか?」を示すノウホワイを各所に掲載
(3) CEに関する重要事故の原因や得られた教訓等について写真を用いて分かりやすく解説

【 情報発信元 】
生活環境文化部 環境保全課 ガス火薬保安係 電話:076-444-3142  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 環境保全課 ガス火薬保安係
電話:076-444-3142