富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 環境保全課 > 水生生物保全環境基準(全亜鉛)の類型指定

水生生物保全環境基準(全亜鉛)の類型指定

最終更新日:2017年2月28日

 県では、河川における水生生物の保全を図るため、昨年度の県西部の9河川(阿尾川〜新堀川)に引き続き、県東部の18河川(神通川〜境川)について、水生生物保全環境基準の水域類型を指定しました(平成26年4月1日告示)。
 これに伴い、県内の主要27河川では、次のとおり、全亜鉛の環境基準が適用されています。

1 水生生物保全環境基準(河川)

水域類型 水生生物の生息状況の適応性 基準値
全亜鉛
生 物 A イワナ、サケマス等比較的低温域を好む水生生物及びこれらの餌生物が生息する水域 0.03 mg/L 以下
生物特A 生物Aの水域のうち、生物Aの欄に掲げる水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生育場として特に保全が必要な水域 0.03 mg/L 以下
生 物 B コイ、フナ等比較的高温域を好む水生生物及びこれらの餌生物が生息する水域 0.03 mg/L 以下
生物特B 生物A又は生物Bの水域のうち、生物Bの欄に掲げる水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生育場として特に保全が必要な水域 0.03 mg/L 以下

2 水域類型の指定の内容

 水生生物保全環境基準の水域類型の指定の状況は、下表のとおりです。

水域 水域類型 達成期間
阿尾川(全域) 生物B イ(直ちに達成)
余川川(全域) 生物B
上庄川(全域) 生物B
仏生寺川(湊川を含む全域) 生物B
小矢部川上流(太美橋より上流) 生物A
小矢部川中・下流(太美橋より下流) 生物B
千保川(全域) 生物B
祖父川(全域) 生物B
山田川上流(二ケ渕(上原地内)えん堤より上流) 生物A
山田川下流(二ケ渕(上原地内)えん堤より下流) 生物B
庄川上流(雄神橋より上流) 生物A
庄川下流(雄神橋より下流) 生物B
和田川(全域) 生物B
内川(全域) 生物B
下条川(全域) 生物B
新堀川(全域) 生物B
神通川上流(いたち川合流点より上流。宮川及び高原川を含む。) 生物A
神通川下流(いたち川合流点より下流) 生物B
いたち川(全域) 生物A
松川(全域) 生物B
井田川上流(落合橋より上流) 生物A
井田川下流(落合橋より下流) 生物B
熊野川(全域) 生物A
常願寺川上流(常願寺橋より上流) 生物A
常願寺川下流(常願寺橋より下流) 生物B
白岩川上流(栃津川合流点より上流) 生物A
白岩川下流(栃津川合流点より下流) 生物B
栃津川上流(寺田川合流点より上流) 生物A
栃津川下流(寺田川合流点より下流) 生物B
上市川(全域) 生物B
中川(全域) 生物A
早月川(全域) 生物A
角川(全域) 生物A
鴨川(全域) 生物A
片貝川(全域) 生物A
布施川(全域) 生物A
黒瀬川(全域) 生物A
高橋川(全域) 生物A
吉田川(全域) 生物A
黒部川(全域) 生物A
入川(全域) 生物A
小川(全域) 生物A
舟川(全域) 生物A
木流川(全域) 生物A
笹川(全域) 生物A
境川(全域) 生物A

3 基準適用年月日

 阿尾川〜新堀川 平成25年4月1日から
 神通川〜境川  平成26年4月1日から

【 情報発信元 】
生活環境文化部 環境保全課 水質保全係 電話:076-444-3146  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 環境保全課 水質保全係
電話:076-444-3146

関連ファイル