富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 環境保全課 > 水質汚濁事故対策を推進しましょう!(水質汚濁事故に関する情報ページ)

水質汚濁事故対策を推進しましょう!(水質汚濁事故に関する情報ページ)

最終更新日:2017年11月11日

 県内では有害物質や油などの河川等への流出や地下への浸透といった水質汚濁事故が、年間40〜60件も発生しています。その中には、水道、農業用水等の利水の障害や魚のへい死など甚大な被害を生じた事例もあります。

 県民、事業者の皆様には、水質汚濁事故の未然防止に努めてくださるとともに、事故を起こした、発見した場合には、関係機関に至急ご連絡くださいますようお願いします。

 『水はとやまの大切な財産です。水質汚濁事故対策を推進し、将来に素晴らしい水環境を残しましょう!』

1 水質汚濁事故の発生状況

 水質汚濁事故は、家庭や工場・事業場など幅広い場所で、近年は年間40〜60件程度発生しています。(件数は下表のとおり)
 特に冬期は、灯油などを取り扱う機会も増えることから、水質汚濁事故の発生件数が増加する傾向にあります。

 事故の原因としては、給油中に現場を離れたため容器から油が溢れた、機械操作を誤ったなど人的要因(ヒューマンエラー)によるものが多くなっています。また、配管の老朽化など物的要因を原因とするものも、定期的な点検を怠ったなど人的要因が深く関係している場合があります。

年度 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27
件数 53 63 62 56 39 47 52 63 53 39 37 50

2 水質汚濁事故の未然防止のために

 水質汚濁事故は、河川や海、地下水に重大な環境汚染を引き起こし、人の生活や生き物に多大な影響を与えるおそれがあります。また、事故の処理に要した費用の原因者による負担、さらに農業や漁業等への被害があった場合の補償を求められることもあります。
 
 日頃から、施設の点検や管理の徹底などを進め、事故の未然防止に努めましょう。

 ○ 家庭では
  ・ ホームタンクから給油するときは、目を離さず、こぼさないようにしましょう。
   また、バルブの閉め忘れに注意しましょう。
  ・ ホームタンクに亀裂や破損がないか点検しましょう。
  ・ 不要になった油や農薬などを、用水や側溝に流すのはやめましょう。
  ・ 除雪の際はホームタンクや配管を破損しないように気を付けましょう。
   落雪にも要注意です。

 ○ 工場・事業場では
  ・ 油類や化学薬品等をタンクに補給するときは、目を離さず、こぼさない
   ようにしましょう。
  ・ 配管に腐食や亀裂などがないか、量が急激に減っていないか、定期的に
   点検しましょう。
    特に、地下にタンクや配管がある場合は漏えいに気付きにくいので注意
   しましょう。
  ・ 油水分離槽や排水処理施設の管理を徹底しましょう。
  ・ 除雪の際はタンクや配管を破損しないよう気を付けましょう。
   積雪の重みにも要注意です。
  ・ 防油堤を設けましょう。
  ・ 万が一の場合に備えて、土のう等の準備や緊急連絡網の整備を進め
   ましょう。

3 水質汚濁事故を起こした、発見した場合には

 水質汚濁事故を起こした場合には、新たな流出等を防ぐための応急措置を講ずるとともに、至急、以下の関係機関に連絡してください。
 また、油が流れている、水が濁っている、変な臭いがする、魚が死んでいるなど事故を発見した場合にも連絡をお願いします。

 ○ 環境の関係機関
   各市町村環境担当課
   県庁環境保全課(TEL 076-444-3146)

 ○ 河川や海の管理者などの関係機関
   最寄の県土木センター
   最寄の国土交通省河川事務所
   伏木海上保安部

 ○ 危険物(油類など)の関係機関
   最寄の消防署

4 富山県水質汚濁事故対策連絡会議について

 県では、事故の未然防止対策の推進、事故時の関係者間の連携協力体制の強化等を目的に、国、県及び市町村の31の行政機関(当課を含む。)と3事業者団体からなる「富山県水質汚濁事故対策連絡会議」を設置しています。
 定期的に開催している本連絡会議の場では、休日、夜間を含めた事故時の連絡体制、関係機関の対応等の確認を行うとともに、事故時の対応マニュアルや事故の未然防止に係るリーフレットなどの資料の作成を行っています。

 ※ 連絡会議の詳細や資料等については関連ファイル及び関連リンクをご覧ください。

【 情報発信元 】
生活環境文化部 環境保全課 水質保全係 電話:076-444-3146  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 環境保全課 水質保全係
電話:076-444-3146