富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 環境保全課 > 平成16年度水準測量調査の結果(富山地域及び高岡・射水地域)

平成16年度水準測量調査の結果(富山地域及び高岡・射水地域)

最終更新日:2017年10月14日

1.調査の趣旨

 近年、水田の減少等による地下水涵養量の減少や消雪設備の一斉稼動による冬期間の大幅な地下水位低下など、地下水を取り巻く状況が変化してきていることから、粘土層が広く分布し、地下水の過剰な汲み上げによって地盤沈下の発生が懸念される地域において調査を実施したものです。なお、前回調査は昭和63年度に実施したものです。

2.調査の概要

(1) 調査区分  1級水準測量 (水準点の標高を0.1mm単位で測定する。)
(2) 測量延長  148km     (富山地域及び高岡・射水地域の海岸平野部)

3.調査結果

 63の水準点のうち、沈下している地点は57地点、隆起している地点は6地点でした。
沈下量(16年間)は、最大で富山市鍋田の72mm(平均年間沈下量4.5mm)、次いで富山市奥井町の57mm(同3.6mm)であり、平均年間変動量は、沈下及び隆起ともすべての地点で5mm以内でした。

※調査結果一覧及び変動量分布図については関連ファイルをご参照ください。

〔調査は国土地理院の助言を得て実施しており、測量法に基づく国土地理院長の審査済み。〕

4.結果の評価と今後の予定

 地盤沈下に係る環境基準は設定されていませんが、国の「全国の地盤沈下地域の概況」では、地盤沈下が年間20mm以上の地域を毎年公表しています。今回の調査結果からみると、16年間の平均は、すべて年間5mm以内の変動であり、著しい地盤沈下は生じていないものと考えられます。
 しかしながら、富山地域の一部に比較的沈下量の多い地点がみられたことから、今後とも注意を払っていく必要があり、引き続き、地下水条例や地下水指針に基づく監視・指導、地下水の採取の規制を行うとともに、地下水利用の合理化や冬期間の地下水位低下対策を一層推進するほか、今後も継続して定期的に水準測量調査を実施し地盤沈下を監視していくことにしています。

【 情報発信元 】
生活環境文化部 環境保全課 電話:076-444-3144  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 環境保全課
電話:076-444-3144

関連ファイル