富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 環境政策課 > 廃エアゾール製品等の排出時の事故防止について

廃エアゾール製品等の排出時の事故防止について

最終更新日:2018年12月29日

 2018年12月16日、大量のエアゾール製品を廃棄するため、中身のガスを屋内で噴射し、これに引火して爆発・火災につながった事故が県外で発生しました。

 ご家庭でお使いになったエアゾール製品及びカセットボンベをごみとして排出する際には、
 (1)缶をカラにする。 ※火気のない風通しの良い屋外で作業してください。
 (2)缶を振って音を聞き、中身が残っていないか確認する。
といった適切な取り扱いを行い、お住まいの市町村の定める方法に従って、ごみとして出しましょう。
※市町村によって、穴あけの有無など、ごみの出し方が異なりますのでご確認ください。

 なお、一般社団法人日本エアゾール協会のホームページにおいて、エアゾール製品等の適切な取扱方法が掲載されておりますので、こちらもご覧ください(関連リンク参照)。

【 情報発信元 】
生活環境文化部 環境政策課 廃棄物対策班 電話:076-444-9618  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 環境政策課 廃棄物対策班
電話:076-444-9618