富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 環境政策課 > レジ袋の無料配布廃止の取組み推進に関する消費者団体等からの要望について

レジ袋の無料配布廃止の取組み推進に関する消費者団体等からの要望について

最終更新日:2015年1月31日

 とやまエコ・ストア制度の登録店舗数が62社1,015店舗・5商店街に拡大し、25年度のマイバッグ持参率が95%(過去最高)と全国一の高い水準を維持しています。

 こうしたなか、一部の事業者においてレジ袋の無料配布を再開する動きが出てきていることを受け、平成27年1月23日(金)、とやまエコ・ストア連絡協議会及び消費者団体から富山県知事に対し、これまで県民・事業者・行政が一体となって築き上げてきた“レジ袋無料配布廃止”の取組みが後退していくのではないかと危惧されるので、引き続きレジ袋無料配布廃止に取り組む事業者を応援するとともに、「とやまエコ・ストア制度」のさらなる普及を図り、県民総参加のエコライフの取組みが定着・拡大するよう尽力されたいとの旨の要望書が提出されました。

 県としては、この要望の趣旨を踏まえ、とやまエコ・ストア制度の推進等を通じ、レジ袋無料配布廃止をはじめとする環境配慮行動に取り組む事業者及び消費者団体の活動の支援策等について検討してまいりたいと考えています。

要望書提出

要望状況

1 要望日時

平成27年1月23日(金)
 ※於 知事応接室

2 要望者(敬称略)

中 島 恭 一  とやまエコ・ストア連絡協議会 会長
塩 原 紘 栄  富山県消費者協会 会長
岩 田 繁 子  富山県婦人会 会長
山 室 千恵子  富山県生活学校連絡協議会 会長
         (代理者:事務局長 山本 茂)
和 田 麗 子  富山県母親クラブ連合会 会長
谷 井 悦 子  JA富山県女性組織協議会 会長
尾 山 春 枝  富山県漁業協同組合女性部連合会 会長

3 要望内容(要旨)

(1)引き続き、レジ袋の無料配布廃止に取り組む事業者を応援するとともに、さらにその取組みが拡大されるようご尽力いただきたい。

(2)とやまエコ・ストア制度の更なる普及を図り、県民総参加のエコライフの取組みが定着・拡大されるようご尽力いただきたい。

※ 要望書は、「関連ファイル」を参照願います。

【 情報発信元 】
生活環境文化部 環境政策課 電話:076-444-3141  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 環境政策課
電話:076-444-3141

関連ファイル