富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 環境政策課 > 富山県認定リサイクル製品・エコ事業所の紹介 > ★富山県認定リサイクル製品(平成28年度申請)(20製品)

富山県認定リサイクル製品・エコ事業所の紹介

最終更新日:2017年4月1日

★富山県認定リサイクル製品(平成28年度申請)(20製品)

認定番号 区分 品目名 製品名 申請者
28−1 新規 廃ダストを利用した舗装材 舗装材 コマツキャステックス株式会社
(コマツキャステックス株式会社 本社工場)
28−2 更新 剪定枝を利用した堆肥 夏野ミネラル 夏野土木工業株式会社
(夏野土木工業株式会社 木材リサイクルセンター)
28−3 更新 乾燥汚泥と剪定枝を利用した堆肥 夏野ミネラルゴールド 夏野土木工業株式会社
(夏野土木工業株式会社 木材リサイクルセンター)
28−4 更新 廃木材を利用した舗装材 アスウッド舗装 笹嶋工業株式会社
28−5 更新 間伐材を利用したセメント系木質舗装材 ウッドクリート 株式会社佐藤渡辺
(砺波森林組合(中村商店))
28−6 更新 (1)無機汚泥を使用した再生砕石
(2)無機汚泥を使用した埋戻盛土材・砂代替品
(1)Eco−RC砕石M
(2)Eco−RSソイルM
株式会社アース・コーポレーション
28−7 更新 ばいじん、汚泥を利用した土木資材 (1)K−ロック
(2)K−モルタル
(3)K−フロー
富山交易株式会社
(富山交易株式会社 富山新港工場)
28−8 更新 無機汚泥を利用した改良土 ユニ・ソイル 立山土建株式会社
(立山土建株式会社 リサイクルセンター)
28−9 更新 廃ガラスを利用したモルタル目地板 目地王 目地工業株式会社
(目地工業株式会社 蓮沼工場)
28−10 更新 溶融スラグを使用したアスファルト舗装材 エコンスラグ 共同企業体ほくりくエコン
28−11 更新 溶融スラグを使用したアスファルト舗装材 エコミックス 富舗建設株式会社 立山合材工場
28−12 更新 溶融スラグを使用したアスファルト舗装材 Sファルト 北陸アスコン株式会社
28−13 更新 溶融スラグを使用したアスファルト舗装材 スラグアスカファルト 株式会社佐藤渡辺 アスカロード
28−14 更新 溶融スラグを使用したアスファルト舗装材 E.S.ミックス 高岡アスコン合材センター
高岡アスコン株式会社
28−15 更新 溶融スラグを利用したコンクリート二次製品 R−COコンクリート 株式会社アドヴァンス 北陸事業部
(株式会社アドヴァンス 富山工場)
28−16 更新 溶融スラグを利用したコンクリート製マンホール (1)エコ ユニホール(ユニホール0号、1号、2号、A1号)
(2)エコ スレンダハイブリッドホール
株式会社フジムラ
(株式会社フジムラ 富山工場)
28−17 更新 溶融スラグを利用したコンクリート二次製品 アコールコンクリートS2タイプ 株式会社ミルコン
(株式会社ミルコン 小矢部工場)
28−18 更新 溶融スラグを利用したコンクリート二次製品 RSコンクリート 神通コンクリート工業株式会社
28−19 更新 溶融スラグを利用したコンクリート二次製品 YMSコンクリート 余川工業株式会社
(余川工業株式会社 婦中工場)
28−20 更新 米ぬかを利用した発酵堆肥化促進資材 ぼかし肥 社会福祉法人むつみの里 であい工房

第28-1号 舗装材 (コマツキャステックス株式会社)

舗装材 鋳物工場から発生する集じんダスト、廃砂を原料とした舗装材で、砂利舗装相当の強度を保持しており、走行性、耐久性の面で砂利舗装より優れています。

第28-2号 夏野ミネラル (夏野土木工業株式会社)

夏野ミネラル 剪定枝や伐採木を利用した堆肥で、肥料としての規格に適合した製品です。

第28-3号 夏野ミネラルゴールド (夏野土木工業株式会社)

夏野ミネラルゴールド 黒部浄化センターから発生する汚泥と剪定枝や伐採木を利用した堆肥で、肥料としての規格に適合した製品です。

第28-4号 アスウッド舗装 (笹嶋工業株式会社)

アスウッド舗装 間伐材等を利用した舗装材で、歩道用として十分なすべり抵抗性、弾力性等を有しています。

第28-5号 ウッドクリート (株式会社佐藤渡辺)

ウッドクリート 間伐材等を利用した舗装材で、歩道用として十分なすべり抵抗性、弾力性等を有しています。

第28-6号 (1)Eco-RC砕石M、(2)Eco-RSソイルM (株式会社アース・コーポレーション)

Eco‐RC砕石(写真はEco-RC砕石M)
 無機汚泥を主体とした土木資材で、Eco-RC砕石Mは路盤材として利用でき、Eco-RSソイルMは埋戻材等として利用できます。

第28-7号 (1)K−ロック、(2)K−モルタル、(3)K−フロー (富山交易株式会社)

K-ロック(写真はK−ロック)
 ばいじん、汚泥を利用した土木資材で、K−ロックは路盤材等に、K−モルタルは生コンクリートの代替等に、K−フローは裏込材に利用できます。

第28-8号 ユニ・ソイル (立山土建株式会社)

ユニソイル 建設汚泥等に固化材を添加して固化させた製品で、圧縮強度に優れ、軟弱地盤の改良土として利用できます。

第28-9号 目地王 (目地工業株式会社)

目地王 ガラスくずから製造された軽量発泡資材を利用した目地板で、歩車道境界ブロック等のつなぎの部材として利用できます。

第25-10号 エコンスラグ (共同企業体北陸エコン)

エコンスラグ 富山地区広域圏クリーンセンター及び廃アスファルトを利用したアスファルト舗装材で、舗装材としての規格に適合した製品です。

第28-11号 エコミックス (富舗建設株式会社 立山合材工場)

エコミックス 富山地区広域圏クリーンセンターの溶融スラグと廃アスファルトを利用したアスファルト舗装材で、舗装材としての規格に適合した製品です。

第28-12号 Sファルト (北陸アスコン株式会社)

Sファルト 富山地区広域圏クリーンセンターの溶融スラグと廃アスファルトを使用したアスファルト舗装材で、舗装材としての規格に適合した製品です。

第28-13号 スラグアスカファルト (株式会社佐藤渡辺 アスカロード)

スラグアスカファルト 富山地区広域圏クリーンセンターの溶融スラグと廃アスファルトを使用したアスファルト舗装材で、舗装材としての規格に適合した製品です。

第28-14号 E.S.ミックス (高岡アスコン合材センター)

E.S.ミックス 富山地区広域圏クリーンセンター及び廃アスファルトを使用したアスファルト舗装材で、舗装材としての規格に適合した製品です。

第25-15号 R−COコンクリート(歩車道境界ブロック、防草ブロック) (株式会社アドヴァンス 北陸事業部)

R-COコンクリート(写真は歩車道境界ブロック)
 富山地区広域圏クリーンセンターの溶融スラグを利用したコンクリート二次製品で、富山県コンクリート製品協会規格等に適合した製品です。

第28-16号 (1)エコ ユニホール(ユニホール0号、1号、2号、A1号)、(2)エコ スレンダハイブリッドホール (株式会社フジムラ)

エコユニホール(写真はエコユニホール)
 二上浄化センターの溶融スラグを利用したコンクリート二次製品で、日本下水道協会規格等に適合した製品です。

第28-17号 アコールコンクリートS2タイプ(L型擁壁、ボックスカルバート、用排水フリューム、大型積みブロック[JBロックタイプ含む]、コンクリート連結ブロック、カゴ系護岸ブロック、ボックスカルバート用プレキャスト板、自由勾配側溝[蓋含む]、鉄筋コンクリート連結型ベンチフリューム[暗渠型及び暗渠蓋含む]、TCKブロック、K−TIKホール)

アコールコンクリート(写真はコンクリート連結ブロック)
 富山地区広域圏クリーンセンターの溶融スラグを利用したコンクリート二次製品で、富山県コンクリート製品協会規格等に適合した製品です。

第28-18号 RSコンクリート(道路用鉄筋コンクリートL形側溝、歩車道境界ブロック、コンクリート張ブロック、フリューム(ベンチフリューム)、鉄筋コンクリート連結型ベンチフリューム、U型溝、L型擁壁、大型L型擁壁、U型側溝、鉄筋コンクリート小断面ボックスカルバート、鉄筋コンクリート横断暗渠ブロック、落ち蓋式U形側溝及び蓋、鉄筋コンクリートボックスカルバート)

RSコンクリート(写真はL型擁壁)
 富山地区広域圏クリーンセンターの溶融スラグを利用したコンクリート二次製品で、富山県コンクリート製品協会規格等に適合した製品です。

第28-19号 YMSコンクリート(境界ブロック、歩車道境界ブロック、セーフラインブロック、U形側溝、落ち蓋式U形側溝、L形側溝、U型溝、自由勾配側溝蓋、連結型ベンチフリューム、連結型暗渠ベンチフリューム、L型擁壁、横断暗渠ブロック、小断面ボックスカルバート、RCボックスカルバート)

YMSコンクリート(写真は歩車道境界ブロック)
 富山地区広域圏クリーンセンターの溶融スラグを利用したコンクリート二次製品で、富山県コンクリート製品協会規格等に適合した製品です。

第28-20号 ぼかし肥 (社会福祉法人むつみの里 であい工房)

ぼかし肥 精米後の米ぬかに、くん炭やEM菌などを混ぜて発酵させた堆肥化促進剤で、家庭の生ごみのコンポスト化資材に利用できます。

【 情報発信元 】
生活環境文化部 環境政策課 廃棄物対策班 電話:076-444-9618  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 環境政策課 廃棄物対策班
電話:076-444-9618