富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 環境政策課 > 平成29年度環境月間ポスターの受賞作品が決定しました!

平成29年度環境月間ポスターの受賞作品が決定しました!

最終更新日:2017年6月20日

 富山県と(公財)とやま環境財団が募集した環境月間ポスターの受賞作品が決定しましたので、お知らせします。

【応募状況】
 小学生の部 397点、中学生の部 104点  計 501点

 6月18日(日)に開催されたエコライフ・アクト大会において環境月間ポスターコンクールの表彰式を開催し、富山県知事賞最優秀賞の受賞者に賞状等が授与されました。

 また、受賞作品59点については、次の場所で展示いたします。
 是非、ご覧下さい!!

 ○ イオンモール高岡      6/22(木)〜7/2(日)
 ○ アピタ魚津店        7/5(水)〜7/17(月)
 ○ 大和富山店         7/19(水)〜7/30(日)
 ○ ねいの里          8/4(金)〜8/20(日)
 

富山県知事賞最優秀賞(小学生の部 向郷 実玖さん)

小学生の部(講評)
 まず、目に飛び込んでくるのが、画面右上のチューリップ。放射状に広がり突き出して見える濃淡の赤、ピンク、黄色の花弁。この表現が遠近感を生み出し、「豊かな自然 未来へ」のコピーを引き立てている。これは、実玖さんのすてきなアイデア。コピーと砺波のチューリップの周りには、山や滑川のホタルイカ、氷見のブリ、コシヒカリの稲穂など故郷賛歌の主役が並ぶ。「未来へ」は、いつまでもずうっと残したいという、実玖さんの強い願いを表している。発色のよいケント紙を使い、薄い色を重ねたグラデーションや、透明色で色むらをつくったり、白を混ぜた不透明色で色むらない色面をつくったりするなど美しい彩色の工夫をしている。

富山県知事賞最優秀賞(中学生の部 松長 愛さん)

(講評)
 ランチプレートに盛られたグルメ食が、左手で皿ごと傾けられ、右手のフォークで捨てられていく。捨てられた、おいしそうなニンジン、ピーマン、タマネギが地球に降り積もる。そして、コピー「あなたは今日も 地球を苦しめますか?」が重くのしかかる。ただ事ではないと意味を探る。飽食の末路。腐敗した後の二酸化炭素の増加。ゴミ問題。深い問題を抱えているが、行き着くところは、Reduce、Reuse、Recycleの3Rと知る。この作品の見事さは、圧倒的なリアリティーである。果実、トマト、トウモロコシ、牛肉、ネギ、フォーク、手にいたるまで微妙な明暗、質感、量感などの表現に、愛さんの多彩なテクニックが見られる。

中学生の部次の賞については、関連ファイルをご覧下さい!
 富山県知事賞優秀賞          9点
 とやま環境財団理事長賞        9点
 富山県県土美化推進県民会議会長賞   9点
 富山県環境保健衛生連合会長賞     8点
 富山県産業廃棄物協会長賞       8点
 富山県浄化槽協会長賞         7点
 環日本海環境協力センター理事長賞   7点

関連ファイル

【 情報発信元 】
生活環境文化部 環境政策課 電話:076-444-3141  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 環境政策課
電話:076-444-3141