富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 環境政策課 > 平成28年度環境月間ポスターの受賞作品が決定しました!

平成28年度環境月間ポスターの受賞作品が決定しました!

最終更新日:2016年7月14日

 富山県と(公財)とやま環境財団が募集した環境月間ポスターの受賞作品が決定しましたので、お知らせします。
 また、6月29日(水)に環境月間ポスターコンクールの表彰式を開催し、富山県知事賞最優秀賞及び優秀賞の受賞者に賞状が授与されました。

【応募状況】
 小学生の部 275点、中学生の部 138点  計 413点

 また、受賞作品64点については、次の場所で展示いたします。
 是非、ご覧下さい!!

 ○ イオンモール高岡      7/1(金)〜7/13(水)
 ○ アピタ魚津店        7/15(金)〜7/27(水)
 ○ 大和富山店         7/29(金)〜8/9(火)
 ○ ねいの里          8/10(水)〜8/25(木)
 ○ 高岡テクノドーム※     10/15(土)〜10/16(日)
  ※とやま環境フェア2016にて

富山県知事賞最優秀賞(小学生の部 古瀬 裕貴さん)

小学生の部(講評)
 まず、飛び込んでくるのが上段、下段に分けて配置されたコピー「自然のSOS」「聞こえますか?」である。そして、次に、中央にかざされた手が全てを物語っている。この上中下段の構図の中で、海では涙を流して怒っているブリ。地上では、樹木も、ウサギも涙を流して怒っている。この原因が、手から放たれた「吸い殻」「空き缶」「ペットボトル」「ゴミ袋」「ゴムタイヤ」「大型家電」等であることが分かる。裕貴さんの優しい色づかいが、逆に「ポイ捨てや不法投棄の戒め」を強いメッセージとして印象づけた。

富山県知事賞最優秀賞(中学生の部 中西 麗奈 さん)

中学生の部(講評)
 大空に向かって青葉、若葉を繁らせる巨木、陽の照り返しを受け、緑のグラデーションが輝く山並みと白い雲がわく空。横一線に広がるチューリップ畑。海ではブリが回遊し、コミカルなタッチで描かれたホタルイカが、チューリップ畑には蜂も飛んでるぞと遠めがねで「富山の明日」をのぞき込む。故郷(ふるさと)の自然の豊かさ、美しさとそこに生きる生命力の躍動感をそのままに何時までも変わらない景色として描いている。全体をとおして、色ムラのない版的な美しさや、重色で華やかな色変化の美しさを工夫するなど、麗奈さんの感性が輝く作品。

次の賞については、関連ファイルをご覧下さい!
 富山県知事賞優秀賞          9点
 とやま環境財団理事長賞        9点
 富山県県土美化推進県民会議会長賞   9点
 富山県環境保健衛生連合会長賞     9点
 富山県産業廃棄物協会長賞       9点
 富山県浄化槽協会長賞         9点
 環日本海環境協力センター理事長賞   8点

関連ファイル

【 情報発信元 】
生活環境文化部 環境政策課 電話:076-444-3141  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 環境政策課
電話:076-444-3141