富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 環境政策課 > 産業廃棄物(特別管理産業廃棄物)処理業、処理施設の許可申請等について > (参考)産業廃棄物収集運搬業許可の合理化について

産業廃棄物(特別管理産業廃棄物)処理業、処理施設の許可申請等について

最終更新日:2017年10月16日

(参考)産業廃棄物収集運搬業許可の合理化について

 廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部改正(平成22年5月19日公布。平成23年4月1日施行。)により、産業廃棄物収集運搬業許可の合理化が行われることとなりました。
 (1ページ目:合理化の概要
  2ページ目:現在の許可の効力)

◇2 現に受けている許可の効力について

 (1)富山県知事の許可のみ受けている場合
    平成23年4月1日以降は、富山市内も富山県知事の許可で産業廃棄物の収集運搬ができるようになります。

   図2−1 富山県知事の許可のみ受けている場合の許可の効力

図2−1 富山県知事の許可のみ受けている場合の許可の効力の変化 
 
 (2)富山市長の許可のみ受けている場合
    平成23年4月1日以降も、これまでと同じです。(富山市内でのみ富山市長の許可で産業廃棄物の収集運搬ができます。)

   図2−2 富山市長の許可のみ受けている場合の許可の効力

図2−2 富山市長の許可のみ受けている場合の許可の効力 
 
 (3)富山市長の許可(積替え・保管を含む。)と富山県知事の許可の両方を受けている場合
    平成23年4月1日以降も、これまでと同じです。(富山市内は富山市長の許可、富山市を除く県内は富山県知事の許可で産業廃棄物の収集運搬ができます。)

   図2−3 富山市長の許可(積替え・保管を含む。)と富山県知事の許可の両方を受けている場合の許可の効力

図2−3 富山県知事と富山市長の両方の許可を受けている場合(富山市長から収集運搬(積替え・保管を含む)の許可を受けている場合)の許可の効力 
 
 (4)富山市長の許可(積替え・保管を除く。)と富山県知事の許可の両方を受けている場合

   (ア)富山市の許可内容が全て富山県の許可に含まれている場合
      平成23年4月1日以降、富山市長から受けている許可は失効し、富山市内においても富山県知事の許可が有効となります。(富山市を含む県内全域で富山県知事の許可が有効となります。)

     図2−4(ア) 富山市の許可(積替え・保管を除く。)の内容が全て富山県の許可に含まれている場合の許可の効力

図2−4(ア) 富山市の許可(積替え・保管を除く。)の内容が全て富山県の許可に含まれている場合の許可の効力 
 
   (イ)富山市の許可内容にあるものが富山県の許可に含まれていない場合
     [例]
      ○富山市:がれき類、金属くず(石綿含有産廃を含む。)、
      ○富山県:がれき類(石綿含有産廃を除く。)

     ・ 平成23年4月1日以降も、現在受けている富山市長の許可はその有効期間満了の日まで効力を有します。(富山市の許可の有効期間内は、富山市内は富山市長の許可、富山市を除く県内は富山県知事の許可が有効となります。)
     ・ また、富山市の許可の有効期間満了後は、富山県知事の許可が富山市を含む県内全域で有効となります。(富山市長の許可の更新はできません。)
     ※ このため、有効期間満了後も、引き続き富山市内で金属くず、石綿含有産廃の収集運搬を行おうとするときは、あらかじめ富山県知事へ事業範囲変更許可を申請し、県の許可範囲に金属くずと石綿含有産廃を追加する必要があります。

     図2−4(イ) 富山市の許可内容にあるものが富山県の許可に含まれていない場合(例:富山市(がれき類、金属くず)、富山県(がれき類))の許可の効力

図2−4(イ) 富山市の許可内容にあるものが富山県の許可に含まれていない場合の許可の効力

【 情報発信元 】
生活環境文化部 環境政策課 廃棄物対策班 電話:076-444-9618  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 環境政策課 廃棄物対策班
電話:076-444-9618