富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 水産漁港課 > 富山県の水産業の概要

富山県の水産業の概要

最終更新日:2016年12月6日

 富山県の漁業は、富山湾の特徴を生かした定置網漁業を中心とした沿岸漁業、いかつり、かにかご漁業等の沖合漁業、まぐろはえなわ漁業等の遠洋漁業が営まれています。 
 平成26年における本県の海面漁業・養殖業生産量は約4万8千トン、生産額は約144億円です。
 平成26年における漁業就業者数は1,428人です。また、漁業経営体数は301で、うち278(92%)経営体が沿岸漁業を営んでいます。
 なお、平成26年12月末の海面の漁船登録数は932隻となっています。

海面漁業

定置網漁写真 平成26年の本県における漁獲量(属人)は47,801トンであり、その内訳は、沿岸漁業の定置網が39%、遠洋漁業のまぐろはえ縄が12%などとなっています。

 

ベニズワイ漁写真 このほか、沿岸漁業では、シロエビやホッコクアカエビを漁獲対象とする小型底びき網漁業や、ヒラメ等を漁獲対象とする刺網漁業などが行われています。
 また、沖合漁業では、ベニズワイやばい類を対象とするかご縄漁業やいかつり漁業などが行われています。

内水面漁業

神通川でアユ釣りを楽しむ遊漁者 平成26年の内水面漁業漁獲量(神通川、庄川の2河川の合計)は205トンとなっています。
 養殖業収穫量は74トンです。

水産加工業

本県の代表的な水産加工品の一つであるかまぼこ類の平成26年の生産量は2,989トンとなています。
 その他水産加工品としてアジやイワシの「みりん干し」「いかの黒づくり」「ホタルイカ加工品」等があります。

【 情報発信元 】
農林水産部 水産漁港課 電話:076-444-3292  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 水産漁港課
電話:076-444-3292