富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 水産漁港課 > 記念リレー放流(全国豊かな海づくり大会に向けて) > 第17回サクラマス稚魚放流[国土交通省富山河川国道事務所]

記念リレー放流(全国豊かな海づくり大会に向けて)

最終更新日:2013年3月28日

第17回サクラマス稚魚放流[国土交通省富山河川国道事務所]

「全国豊かな海づくり大会」は、日本の食卓に安全・安心で美味しい水産物を届けるため、水産資源の保護・管理と海や湖沼・河川の環境保全の大切さを広く国民に訴えるとともに、つくり育てる漁業の推進を通じて、明日の我が国漁業の振興と発展を図ることを目的として、毎年各地で開催されています。

 平成27年に富山県で開催される大会を県民総参加で盛り上げるため、県内学校、漁協等と連携して、県内の様々な地域で記念リレー放流を実施していきます。

第17回サクラマス稚魚放流[国土交通省 富山河川国道事務所]

放流の様子 第17回目の記念リレー放流を、12月 13日(木)に富山市神通川大沢野大橋近辺にて、国土交通省 富山河川国道事務所、神通川を楽しむ会(NPO法人)、富山漁業協同組合の方々にご協力いただいて実施しました。今回は富山河川国道事務所がサクラマスの越冬場所として造成した水路に、サクラマス稚魚3,000尾の放流を行いました。放流に伴い、国土交通省の方々や神通川を楽しむ会の方々に「全国豊かな海づくり大会」の啓発PRを行いました。

神通川を楽しむ会の細野さんは「サクラマスの稚魚放流は毎年行っているが、今年の稚魚はいつもより大きい」と言っておられました。

記念リレー放流「第17回サクラマス稚魚放流」の概要
日時 平成24年12月13日(木)14:00〜
会場 富山市神通川大沢野大橋近辺(富山市)
参加者 国土交通省 富山河川国道事務所8名 
神通川を楽しむ会(NPO)4名、富山漁業協同組合3名 
富山県農林水産総合技術センター水産研究所2名 
富山県漁業協同組合連合会・富山県水産漁港課  
計19名
放流魚種 サクラマス稚魚(3,000尾)
次第 1.放流リレー準備 
2.サクラマス放流  
ねらい 全国豊かな海づくり大会の開催を告知し、大会に向けた機運の醸成を図る。 
稚魚放流活動を通して、豊かな海づくりの一翼を担う栽培漁業の意味を理解する。

リレー放流の様子

バケツリレー雪の中、河川敷までバケツリレーで運びました。その数、100杯!!!

プールの様子造成されたサクラマス稚魚用の越冬場所に放流します。水の冷たさに驚いたサクラマスたちは岩の隙間に潜り込んでいきました。

そ上水路越冬場所には親魚のそ上用水路が設けられています。
本流から親魚が産卵に溯って来ることができるようにするためです。
今年はサケのそ上が確認されています。

【 情報発信元 】
農林水産部 水産漁港課 電話:076-444-3292  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 水産漁港課
電話:076-444-3292