富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 水産漁港課 > 記念リレー放流(全国豊かな海づくり大会に向けて) > 第7回ヒラメ放流 [黒部市立生地小学校]

記念リレー放流(全国豊かな海づくり大会に向けて)

最終更新日:2013年3月28日

第7回ヒラメ放流 [黒部市立生地小学校]

 「全国豊かな海づくり大会」は、日本の食卓に安全・安心で美味しい水産物を届けるため、水産資源の保護・管理と海や湖沼・河川の環境保全の大切さを広く国民に訴えるとともに、つくり育てる漁業の推進を通じて、明日の我が国漁業の振興と発展を図ることを目的として、毎年各地で開催されています。

 平成27年に富山県で開催される大会を県民総参加で盛り上げるため、県内の学校、漁協等と連携して、県内の様々な地域で記念リレー放流を実施していきます。

第7回ヒラメ放流 [黒部市立生地小学校]

記念写真 第7回目記念リレー放流を、8月 6日にくろべ漁業協同組合の方々や黒部市生地小学校の児童にご協力いただいて、黒部市生地海岸において実施しました。夏休み中の小学生が多く参加してくれ、元気にヒラメの稚魚5,000尾の放流を行いました。併せて、大会PR用の横断幕やのぼり旗を前面に掲げ、富山県大会開催に向けて機運の醸成を図りました。

記念リレー放流「第7回生地小学校ヒラメ稚魚放流」の概要
日時 平成24年8月6日(月)午前10時〜
会場 黒部市生地海岸
参加者 黒部市立生地小学校48名・付添先生2名 
黒部漁業協同組合8名 
黒部市職員1名 
富山県漁業協同組合連合会・富山県水産漁港課  計61名  
放流魚種 ヒラメ稚魚(5,000尾)
次第 1. くろべ漁業協同組合 船屋参事 開会宣言 
2. ヒラメ稚魚 放流 
3. 記念撮影
ねらい 全国豊かな海づくり大会の開催を告知し、大会に向けた機運の醸成を図る。 
稚魚放流活動を通して、豊かな海づくりの一翼を担う栽培漁業の意味を理解する。

リレー放流の様子

放流たくさんの人がヒラメの放流活動に参加しました。

ヒラメをもって放流前のヒラメと記念撮影

遠くへ深い場所に早く行けるように遠くに放しました。

ヒラメについて

(1)左側に両目があり、目の位置で「左ヒラメ、右カレイ」と言われている。
(2)棲んでいる海底に合わせて色や模様を変え、魚やエビ、シャコを食べて大きくなる。
(3)大きいものは座布団ヒラメと呼ばれ、体長80センチメートルを超えるものもいる。
(4)味にくせのない白身魚で、寿司ネタとして人気が高い。
(5)8センチメートルで放流された稚魚は2年後には約40センチメートルに育つ。
(6)富山県では、栽培漁業センター(氷見・滑川)で飼育した稚魚を、漁業者が主体となって毎年約20万尾のヒラメを放流している。

【 情報発信元 】
農林水産部 水産漁港課 電話:076-444-3292  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 水産漁港課
電話:076-444-3292