富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 水産漁港課 > 記念リレー放流(全国豊かな海づくり大会に向けて) > 第3回ニジマス・イワナ稚魚放流 [上市町立上市中学校・14歳の挑戦]

記念リレー放流(全国豊かな海づくり大会に向けて)

最終更新日:2013年3月28日

第3回ニジマス・イワナ稚魚放流 [上市町立上市中学校・14歳の挑戦]

「全国豊かな海づくり大会」は、日本の食卓に安全・安心で美味しい水産物を届けるため、水産資源の保護・管理と海や湖沼・河川の環境保全の大切さを広く国民に訴えるとともに、つくり育てる漁業の推進を通じて、明日の我が国漁業の振興と発展を図ることを目的として、毎年各地で開催されています。

 平成27年に富山県で開催される大会を県民総参加で盛り上げるため、県内の学校、漁協等と連携して、県内の様々な地域で記念リレー放流を実施していきます。

第3回ニジマス・イワナ稚魚放流 [上市町立上市中学校・14歳の挑戦]

記念撮影記念リレー放流の第3回目は、7月 5日に白龍漁業協同組合の方々や上市中学校、上市町役場の方々のご協力により実施しました。当日の天気は穏やかな天候の中、ニジマス稚魚7,272尾(上市川第二ダム)、イワナ稚魚6,000尾(千石川流域)の放流と併せ、大会PR用の横断幕やのぼり旗を前面に掲げ、富山県大会開催に向けて機運の醸成を図りました。
 今回は、「14歳の挑戦」で上市町役場・職場体験中の上市中学校の2年生4名がニジマス・イワナの稚魚を放流しました。ニジマスは平均3.3gの稚魚を、イワナは平均5gの稚魚を放流しました。

記念リレー放流「第3回上市中学校ニジマス・イワナ稚魚放流」の概要
日時 平成24年7月12日(木)午前9時30分〜11時30分
会場 上市町 上市川第2ダム広場・カヌー競技場広場・千石川流域
参加者 上市町上市中学校生徒4名・教諭1名 
白龍漁業協同組合 上市町産業課 
富山県漁業協同組合連合会 富山県内水面漁場管理委員会 
富山県水産漁港課  計18名 
放流魚種 ニジマス稚魚(7,272尾) イワナ稚魚(6,000尾)
次第 1.白龍漁業協同組合 稲垣組合長挨拶 
2.上市川、上市川第2ダム、千石川、ニジマス、イワナの説明 
3.カヌー競技広場にて、ニジマス放流 
4.記念撮影 
5.千石川流域にて、イワナ放流
ねらい 全国豊かな海づくり大会の開催を告知し、大会に向けた機運の醸成を図る。 
稚魚放流活動を通して、豊かな海づくりの一翼を担う栽培漁業の意味を理解する。

リレー放流の様子

稲垣組合長の挨拶白龍漁業協同組合 稲垣組合長の挨拶

ニジマスをダムに放流ホースを使ってニジマスをダムに放流しました。

イワナ稚魚イワナ稚魚が手の中で跳ね回っています。

千石川千石川の森奥深くにイワナを放しています。

【 情報発信元 】
農林水産部 水産漁港課 電話:076-444-3292  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 水産漁港課
電話:076-444-3292