富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 農業技術課 > とやま「人」と「環境」にやさしい農業推進プラン > 『とやま「人」と「環境」にやさしい農業推進プラン』の策定について

とやま「人」と「環境」にやさしい農業推進プラン

最終更新日:2015年12月11日

『とやま「人」と「環境」にやさしい農業推進プラン』の策定について

 この度、平成27年1月29日から2月20日まで実施した県民からの意見募集(パブリックコメント)の結果も踏まえ、新たにプランを策定しましたのでお知らせします。

1 計画期間

 平成27〜33年度

2 推進プラン策定の趣旨

 農業生産活動における「環境の保全」、「安全な農産物の生産」、「農業者の安全」を確保するための取組とともに、その取組に対する県民の理解促進や信頼確保など、農業者と消費者の双方による持続可能な富山県農業の実現に質するための広い視点に立った『「人」と「環境」にやさしい、未来につなぐ“とやま農業”の持続的な発展』のための施策を総合的に推進します。

3 推進プランの主なポイント

(1)「環境にやさしい農業」の展開  〈環境保全への配慮〉
 農業生産活動に伴う環境負荷軽減の取組を推進するため、適正な施肥・防除や廃棄物処理など、「とやまGAP」の取組を普及するとともに、持続性の高い農業生産に取り組むエコファーマーの育成や有機農業の普及拡大などを推進します。

(2)「消費者(人)にやさしい農業」の展開  〈消費者の信頼確保をめざして〉
 消費者等に信頼される安全な農産物を供給するため、事故の発生を未然に防止することを基本とした「とやまGAP」の取組を通じた安全な農産物の生産拡大を図るとともに、流通・加工・販売の各段階における農産物の安全性や品質を確保するための取組を推進します。

(3)「農業者(人)にやさしい農業」の展開  〈農作業死亡事故ゼロをめざして〉
 農業従事者が安心して作業を行い、農業経営を持続的に発展させることができるよう、「とやまGAP」の取組を通じた農作業中の死亡事故ゼロを目標とした事故防止対策を推進します。

4 プラン素案に対するパブリックコメント実施結果

(1)実施期間 平成27年1月29日(木)〜2月20日(金)
(2)実施結果 提出者:7名、意見数:21件

※パブリックコメント実施結果の詳細については右の関連リンク参照。

〈参考:用語等説明〉

■富山県適正農業規範に基づく農業推進条例
 農業者による適正な農業生産活動を推進することにより、安全な農産物を生産し、環境を保全し、及び農業者の安全を確保し、もって農業に対する県民の信頼の向上に資するとともに、本県農業の持続的な発展に寄与することを目的とした条例  (平成22年12月公布・施行)

〈条例の主な特徴〉
・県が定めた適正農業規範を農業者共有の取組目標として掲げ、県内挙げて取組を進めること
・県民が皆で本県の農業を支えながら発展させていくこと
・農業の持続性を重視していること

■とやまGAP
 富山県適正農業規範に基づく適正な農業生産活動の実践のことで、本県農業の持続的な発展に必要な取組のこと

■GAP(ギャップ)
 Good Agricultural Practice の頭文字をとったもので、農業の持続的な発展に必要な「安全な農産物の生産」、「環境の保全」、「農業者の安全確保」の3つの視点に基づいた「適正な農業生産活動の実践」のこと

【 情報発信元 】
農林水産部 農業技術課 エコ農業推進係 電話:076-444-8292  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 農業技術課 エコ農業推進係
電話:076-444-8292