富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 農業技術課 > 富山の新しい農業技術 > 平成21年度

富山の新しい農業技術

最終更新日:2017年10月12日

平成21年度

普及に移す技術

1.短稈性といもち病抵抗性をもつ「コシヒカリ富筑SDBL」の育成
(担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 育種課 TEL 076-429-2114)

2.子実水分を利用したオオムギ「ファイバースノウ」の収穫適期予測法
(担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 栽培課 TEL 076-429-5280)

3.前年秋季の畝仮造成による初夏どりキャベツの安定生産技術
(担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 野菜課 TEL 0763-32-2259)

4.白色の八重咲きチューリップ新品種「砺波育成116号」(仮称)の育成
(担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 花き課 TEL 0763-32-2259)

5.チューリップ病害の診断・防除の情報が入手できるウェブサイト
(担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 花き課 TEL 0763-32-2259)

6.整畦植込み機によるチューリップ球根の植付け同時施肥
(担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 花き課 TEL 0763-32-2259)

7.ニホンナシ新品種「なつしずく」の着果管理技術
(担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 果樹研究センター TEL 0765-22-0185)

8.水田転換畑におけるJM7台木「ふじ」の開園時の排水性改善技術
(担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 果樹研究センター TEL 0765-22-0185)

9.水稲育苗ハウスを活用した高品質甘ガキのポット栽培
(担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 果樹研究センター TEL 0765-22-0185)

10.肥育後期における生稲わらサイレージ給与は牛肉中のビタミンE含量を高める
(担当:農林水産総合技術センター 畜産研究所 酪農肉牛課 TEL 076-469-5921)

11.乳牛の乾乳期間を40日に短縮しても分娩状況、乳生産性、繁殖性に影響しない
(担当:農林水産総合技術センター 畜産研究所 酪農肉牛課 TEL 076-469-5921)

普及上参考となる技術

1.水稲の生育に対する影響と除草効果からみた体系是正剤の処理適期
(担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 栽培課 TEL 076-429-5280)

2.水稲生育後半の湛水管理が水稲に及ぼす影響
(担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 土壌・環境保全課、栽培課 TEL 076-429-5248)

3.水稲生育後半の湛水管理が地耐力低下に及ぼす影響
(担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 土壌・環境保全課、栽培課 TEL 076-429-5248)

4.食酢と生物農薬を用いたイネの種子消毒
(担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 病理昆虫課 TEL 076-429-5249)

5.砂質浅耕土地帯におけるダイズ「エンレイ」の収量向上のための生育指標
(担当:農林水産総合技術センター 農業研究所 栽培課 TEL 076-429-5280)

6.初夏どり根深ネギ安定栽培のための「羽緑一本太」を用いたセル育苗技術
(担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 野菜課 TEL 0763-32-2259)

7.無加温ハウスを活用し、冬期収穫を目的とした小株どりミズナの栽培方法
(担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 野菜課 TEL 0763-32-2259)

8.ほ場排水性および定植時期がモモの生育に及ぼす影響
(担当:農林水産総合技術センター 園芸研究所 果樹研究センター TEL 0765-22-0185)

9.離乳後の繁殖豚の飼養管理には、ボディコンディションスコア(BCS)に血中総コレステロール値を加味する必要がある
(担当:農林水産総合技術センター 畜産研究所 養豚課 TEL 076-469-5921)

10.生稲わらのβ-カロテン・α-トコフェロール含量と予乾やサイレージ調製による変化
(担当:農林水産総合技術センター 畜産研究所 飼料環境課 TEL 076-469-5921)

【 情報発信元 】
農林水産部 農業技術課 電話:076-444-3276  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 農業技術課
電話:076-444-3276