富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 農業技術課 > 富山の新しい農業技術 > 平成29年度

富山の新しい農業技術

最終更新日:2018年7月3日

平成29年度

1 普及に移す技術・品種

(1)水稲新品種「富富富」の育成
  担当:農業研究所 育種課、農業バイオセンター TEL:076-429-2114

(2)水稲新品種「富富富」の高品質良食味米生産のための目標収量構成要素
  担当:農業研究所 栽培課 TEL:076-429-5280

(3)水稲新品種「富富富」の高品質良食味米生産のための穂肥施用法と葉色指標
  担当:農業研究所 栽培課 TEL:076-429-5280

(4)水稲新品種「富富富」の高品質良食味米生産のための基肥基準と幼穂形成期の目標生育量
  担当:農業研究所 栽培課 TEL:076-429-5280

(5)沖積砂壌土、壌土向け「富富富」専用全量基肥肥料の開発及び施用量の目安
  担当:農業研究所 土壌・環境保全課 TEL:076-429-5248

(6)水稲早生品種「てんたかく」用肥効調節型基肥肥料の改良
  担当:農業研究所 土壌・環境保全課 TEL:076-429-5248

(7)大豆新品種「えんれいのそら」の本県における特性
  担当:農業研究所 育種課 TEL:076-429-2114

(8)大豆カメムシ類の効果的な薬剤防除法
  担当:農業研究所 病理昆虫課 TEL:076-429-5249

(9)水田土壌の夏播きニンジンにおけるカリウムの適正施用量
  担当:園芸研究所 野菜課 TEL:0763-32-2259

(10)タマネギ定植機を用いた葉ネギ(青ネギ)作型の開発
  担当:園芸研究所 野菜課 TEL:0763-32-2259

(11)アスパラガスの1年養成株伏せ込み促成栽培に適する品種と栽培管理
  担当:園芸研究所 野菜課 TEL:0763-32-2259

(12)春まきタマネギにおける無マルチ栽培安定化技術
  担当:園芸研究所 野菜課 TEL:0763-32-2259

(13)明橙赤色のフリンジ咲きチューリップ新品種「砺波育成137号」の育成
  担当:園芸研究所 花き課 TEL:0763-32-2259

(14)淡紫桃色の八重かつフリンジ咲きチューリップ新品種「砺波育成139号」の育成
  担当:園芸研究所 花き課 TEL:0763-32-2259

(15)ナシ黒星病の落葉処理による被害軽減
  担当:園芸研究所 果樹研究センター TEL:0765-22-0185

(16)ニホンナシ「幸水」のジョイント仕立て法に適した大苗育成方法
  担当:園芸研究所 果樹研究センター TEL:0765-22-0185

(17)夏季の土壌水分管理によるリンゴ‘ふじ’の日焼け果発生軽減技術
  担当:園芸研究所 果樹研究センター TEL:0765-22-0185

(18)リンゴ、およびニホンナシの樹勢回復技術
  担当:園芸研究所 果樹研究センター TEL:0765-22-0185

(19)果樹の樹体保護資材利用による冬〜早春季の樹体温変化の抑制
  担当:園芸研究所 果樹研究センター TEL:0765-22-0185

(20)コンテナ栽培小粒イチジクの超早期成園化技術
  担当:園芸研究所 果樹研究センター TEL:0765-22-0185

(21)ドライエイジングにより牛肉の味・香りを向上させることができる
  担当:畜産研究所 酪農肉牛課 TEL:076-469-5921


2 普及上参考となる技術

(1)イネの高温登熟耐性遺伝子Apq1の特性
  担当:農業研究所 農業バイオセンター、育種課 TEL:076-429-2113

(2)水稲「やまだわら」の栽培特性と飼料用安定生産のための施肥法
  担当:農業研究所 栽培課 TEL:076-429-5280

(3)水稲「やまだわら」の飼料用生産における省力栽培技術
  担当:農業研究所 栽培課 TEL:076-429-5280

(4)水稲新品種「富富富」のいもち病抵抗性の特性
  担当:農業研究所 病理昆虫課、育種課 TEL:076-429-5249

(5)土壌理化学性から見たダイズ黒根腐病の発病
  担当:農業研究所 病理昆虫課 TEL:076-429-5249

(6)培土条件がダイズ黒根腐病の発生に及ぼす影響
  担当:農業研究所 病理昆虫課 TEL:076-429-5249

(7)ネギアザミウマの生殖系統の分布と殺虫剤
  担当:農業研究所 病理昆虫課 TEL:076-429-5249

(8)ニンジンは可給態窒素を利用する
  担当:園芸研究所 野菜課 TEL:0763-32-2259

(9)冬季寡日照条件を克服するための白色LEDを用いたイチゴ補光栽培技術の開発
  担当:園芸研究所 野菜課 TEL:0763-32-2259

(10)ニンニク「上海早生」の露地栽培に対応した施肥
  担当:園芸研究所 野菜課 TEL:0763-32-2259

(11)スプレー系ストックの高温期播種でのジベレリン処理による発芽促進
  担当:園芸研究所 花き課 TEL:0763-32-2259

(12)スプレー系ストックの生育と花芽形成のための低温感応時期
  担当:園芸研究所 花き課 TEL:0763-32-2259

(13)花の日持ちに優れるチューリップ新品種の育成方法
  担当:園芸研究所 花き課 TEL:0763-32-2259

(14)リンゴ‘ふじ’の摘果時における日焼け果発生軽減のための判断指標
  担当:園芸研究所 果樹研究センター TEL:0765-22-0185

(15)現地ナミハダニの各種殺ダニ剤に対する薬剤感受性の検定
  担当:園芸研究所 果樹研究センター TEL:0765-22-0185

(16)大麦わらサイレージは肥育中期用粗飼料として活用できる
  担当:畜産研究所 飼料環境課 TEL:076-469-5921

(17)暑熱期の肥育牛に対するイネWCSと30%NDF水準の発酵TMR給与は乾物摂取量を高めルーメン内環境を安定化させる
  担当:畜産研究所 酪農肉牛課 TEL:076-469-5921

(18)唾液中α-アミラーゼ活性を用いて豚のストレスが評価できる
  担当:畜産研究所 養豚課 TEL:076-469-5921

【 情報発信元 】
農林水産部 農業技術課 電話:076-444-3276  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 農業技術課
電話:076-444-3276