富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 農業技術課 > 農業機械情報

農業機械情報

最終更新日:2017年10月21日

1.農作業安全

 農業就業人口が減少し、高齢農業者の割合が増加する中で、全国の農作業死亡事故は年間約350件程度発生しています。
 また、農業就業人口に占める事故割合は増加傾向にあり、特に80歳以上の割合が5割近くを占めています。
 主に乗用型トラクター、刈払機(草刈機)、コンバイン、歩行型トラクター(耕うん機)作業中に発生しており、大型機械はもちろん、小型機械でも、その特性や使用上のポイントに注意しないと、大きな事故につながります。
 このため、県では関係機関の協力を得て、農作業事故の発生が多くなる春作業と秋作業の時期に、農作業安全運動を実施しています。富山県適正農業規範に基づく、適正な農業生産活動の実践(とやまGAP)の一環としても、無理のない作業計画と安全第一の徹底により農作業事故ゼロを目指しましょう。
 また、(公社)富山県農林水産公社等が主催する農作業安全に関する研修もありますので、積極的に参加してください。

 8月20日〜10月20日の期間で「秋の農作業安全運動」を実施します。
 詳しくは関連ファイルの「実施要領」や「チラシ」をご覧ください。

2.農業機械・施設に関する技能者養成研修

 農作業事故を防止するとともに、高性能農業機械・施設を効率よく利用するため、初心者から担い手農業者及び営農組織のオペレーター等を対象とした機械利用に関する知識、技能修得の研修を実施しています。
 詳しくは関連リンクの「(公社)富山県農林水産公社での農業機械研修案内」をご参照下さい。

3.富山県特定高性能農業機械導入計画

 県では高性能な農業機械を活用した生産性の向上及び生産コストの縮減により、農業生産力の増進と農業経営の改善を進めています。そのためには新たに農業機械を導入する方の農業経営や地域の農業構造等の実情に応じた計画的な導入の推進とともに、その性能に応じた利用規模の確保を通じ、農業機械を効率的に利用することが重要です。
 このことから、本県独自の特定高性能農業機械導入計画を策定しておりますので、これらを参考に農業機械の効率的な導入に努めましょう。
 また、補助事業や制度資金を活用して農業機械を導入しようとする場合、本計画に基づいて導入するようになっておりますので、ご確認下さい。

【 情報発信元 】
農林水産部 農業技術課 エコ農業推進係 電話:076-444-8292  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 農業技術課 エコ農業推進係
電話:076-444-8292