富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 農業技術課 > エコファーマー制度

エコファーマー制度

最終更新日:2016年9月2日

エコファーマー制度の紹介

エコファーマーマーク☆☆制度のポイント☆☆

☆県が定めた指針に基づき、持続性の高い農業生産方式(環境にやさしい農業)に取り組む農業者を、知事が認定します。
☆認定を受けた農業者(エコファーマー)には、国の助成制度や金融上の特例措置、エコファーマーマークの使用などの支援措置が適用されます。

エコファーマー制度とは

 「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(平成11年施行)」に基づき、“たい肥等の有機物を利用した土づくり”と“化学肥料・農薬の使用の低減”を一体的に行う環境にやさしい農業に取り組む農業者(個人または法人)を県が認定し支援する制度のことです。

 社会的な「環境の保全」などに対する関心が高まる中、富山県においても、エコファーマーの認定を受けた農業者は着実に増加しており、エコファーマー制度を活用した、環境にやさしい農業の取組が広がっています。

■「エコファーマー」認定の対象者は?

 認定の対象となるのは、農業経営の経営主(個人または法人)で、経営規模は問いません。
 また、農業を営む者であれば、経営全体の代表者に限定することなく、その配偶者や後継者が導入計画策定主体となることができます。

■認定の対象となる「持続性の高い農業生産方式」とは?

 認定を受けるには、県が定めた「持続性の高い農業生産方式の導入に関する指針(以下「導入指針」)」に基づき、下表の3つの技術区分に該当する技術をそれぞれ1つ以上、計画期間中(5年間)に対象作物の作付面積の5割以上に導入する必要があります。

【認定の対象となる農業生産方式】
技術区分 技術内容
堆肥等施用技術 堆肥等有機質資材施用技術、緑肥作物の利用技術
化学肥料低減技術 局所施肥技術、肥効調節型肥料施用技術、有機質肥料施用技術
化学合成農薬低減技術 温湯種子消毒技術、機械除草技術、除草用動物利用技術、生物農薬利用技術、対抗植物利用技術、抵抗性品種栽培・台木利用技術、天然物質由来農薬利用技術、土壌還元消毒技術、熱利用土壌消毒技術、光利用技術、被覆栽培技術、フェロモン剤利用技術、マルチ栽培技術

■エコファーマーになると どんなメリットがあるの?

エコファーマーマーク【メリット1】
 エコファーマーに認定されると富山県が商標権を有する「エコファーマーマーク(右図)」を“無料”で使用することができます。
 例えば、農産物に添付するシール、包装容器等、ポスター、チラシ、ワッペン、名刺等に表示することができます。
 なお、マーク使用の際には、「富山県エコファーマーマーク使用規程」に基づき、県に届け出が必要です。

※ エコファーマーマークの使用については関連リンク参照

【メリット2】
 化学肥料・農薬を大幅に削減する先進的な取組みを実践した場合、その栽培面積に応じて以下の支援が行われます。

・「環境保全型農業直接支払交付金」
 化学肥料・農薬を大幅に削減(5割以上減)する生産方式とセットで、カバークロップ(緑肥)の作付け等や有機農業など、地球温暖化防止や生物多様性保全に効果が高い取組を実施した場合、その生産面積に応じて国、県、市町村からの支援が受けられます。

※ 環境保全型農業直接支払交付金の詳細については関連リンク参照

【メリット3】
 農業改良資金(無利子)の貸付対象者になれるとともに、据置期間を含めた償還期間延長(通常10年以内⇒特例12年以内)といった貸付に係る特例措置が受けられます。

エコファーマーの認定について

■エコファーマーの認定を受けるには

 認定を受けようとする農業者は、「導入指針」に従って「導入計画」を作成し、最寄りの農林振興センターに提出してください。
 この「導入計画」は、対象作物・面積、導入する技術、資材施用量などの項目について、概ね5年間の実現可能な計画として作成することとなっています。
 申請された計画は、農林振興センターの意見を付して、知事に提出され、審査されます。
 「導入計画」が県で定めた「導入指針」に照らし、適正であると認められれば、認定証が交付されます。
 なお、計画の認定期間は5年間となっており、認定期間を経過した場合は、新たな技術の導入など、これまでの取り組みをさらに向上させる導入計画を作成し、新たに認定を受ける必要があります。

 
○現在、富山県では、以下の作物で導入指針を作成しております。


【主穀作】:水稲、大豆、麦類(大麦、小麦)

【野 菜】:白ネギ、サトイモ、トマト、キュウリ、ナス、だいこん、かぶ、キャベツ、はくさい、にら、軟弱野菜、アスパラガス、タマネギ、ハーブ類、スイカ、ばれいしょ、にんじん、にんにく、ブロッコリー、えだまめ

【果 樹】:日本ナシ、リンゴ、カキ、ブドウ、イチジク、モモ、ウメ、ベリー類、ラズベリー(根域制限栽培)、洋ナシ

【花 き】:キク類、バラ、ユリ、チューリップ、りんどう

【雑 穀】:ハトムギ、そば

【その他】:野菜苗・花き苗

■導入指針及び導入計画様式
 右記の関連ファイルからダウンロードしてください。

エコファーマーの認定状況(平成28年3月末現在)

エコファーマー認定者数の推移

市町村別認定者数

作物別認定者割合

【 情報発信元 】
農林水産部 農業技術課 エコ農業推進係 電話:076-444-8292  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 農業技術課 エコ農業推進係
電話:076-444-8292