富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 農業技術課 > 鳥インフルエンザ関連情報 > 韓国における弱毒タイプの鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザ関連情報

最終更新日:2015年12月5日

韓国における弱毒タイプの鳥インフルエンザについて

 平成22年11月4日、韓国の全羅南道(チョルラナムド)、長城郡(チャンソングン)にある家きん(アヒル等)飼養農場1戸(23,410羽飼養)で、弱毒タイプの鳥インフルエンザ(H7N6亜型)の感染が確認され、飼養されていた家きんが殺処分されました。
 家きん飼養者の皆様におかれましては、本病発生防止のため、飼養管理について以下のとおり一層の注意を払われるようお願いします。

1.防鳥ネットの整備等により野鳥等の鶏舎等への侵入を防止してください。
2.関係者は韓国の家きん飼養農場への訪問を自粛してください。
3.農場・鶏舎等出入口での消毒を徹底してください。
4.消石灰等により鶏舎等周辺を消毒してください。
5.関係者以外の鶏舎等への出入りは控えてください。

  富山県東部家畜保健衛生所 TEL:076-479-1106
  富山県西部家畜保健衛生所 TEL:0763-33-2315

【 情報発信元 】
農林水産部 農業技術課 畜産振興班 電話:076-444-3288  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 農業技術課 畜産振興班
電話:076-444-3288