富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 農業経営課 > 農地を転用したいときは

農地を転用したいときは

最終更新日:2017年6月23日

 農地を農地以外のものに利用することを「農地転用」といいます。
 農地転用を行う場合には、農地法の制限を受けることとなり、農地法第4条及び第5条の規定により、許可又は届出が必要です。

対象となる農地

 田や畑だけではなく果樹などの樹園地も含め、すべての農地(※市街化区域内の農地を除く)が転用許可の対象となります。また、登記簿上の地目が農地であれば、耕作がされていなくても農地性(農地として活用できる状態)がある限り農地として扱われ、さらに、登記簿上の地目が宅地等の非農地であっても、その土地が現に耕作されている場合など、肥培管理がされていれば農地とみなされます。

※市街化区域内の農地については、各市町村農業委員会に届出が必要です。

農地転用をする場合

1.許可、届出の概要
 (1)許可
 市街化区域外の農地については、転用の許可が必要です。
 ・所有者が自らの農地を農地以外に転用する場合→農地法第4条の許可が必要
 ・所有者以外が農地を譲渡及び貸借して、農地以外に転用する場合→農地法第5条の許可が必要
 (2)届出
 都市計画法による市街化区域内の農地は、あらかじめ農業委員会に届出をすれば転用ができます。

2.許可権者
 農地転用の許可権者は、都道府県知事又は農林水産大臣が指定する市町村の長です。
 ・富山市以外の市町村   富山県知事
 ・富山市         富山市長
 ただし、農地転用の転用面積が4haを超える場合は、農林水産大臣との協議が必要です。

3.許可の流れ
  ○県知事許可(富山市以外の市町村)の場合
   申請書提出(申請者→各市町村農業委員会)
   30a超の場合、県農業会議へ諮問(各市町村農業委員会→県農業会議)
   意見を付して送付(各市町村農業委員会→知事)
   4ha超の場合、農林水産大臣(北陸農政局)との協議(知事→大臣)
   許可通知(知事→申請者)

4.受付窓口
  各市町村農業委員会
 

その他

・無断転用は法律違反
 無断転用者には、県知事が工事等を中止させ、元の農地 に復元させることがあります。また、個人の場合、最高3年以下の懲役、又は、300万円以下の罰金、法人の場合は1億円以下の罰金に処せられる場合もあります。

・まずは事前相談を
 農地転用申請に際しては、申請の内容によって必要な添付書類が異なる場合があります。また、転用の目的や転用の場所などによっては、転用の許可基準を満たさず許可できない場合もありますので、事前にご相談ください。

・ご相談は各市町村農業委員会の窓口へ
 農地転用の申請受付は、各市町村農業委員会で行っています。転用についての手続きや疑問は、まず各市町村農業委員会にご相談ください。

市町村農業委員会
市町村名 電話番号 備考
富山市 076-443-2129
高岡市 0766-20-1473
魚津市 0765-23-1032
氷見市 0766-74-8096
滑川市 076-475-2111(代表) 内線351
黒部市 0765-54-2111(代表) 内線2325
砺波市 0763-33-1111(代表) 内線426
小矢部市 0766-53-5849
南砺市 0763-23-2020
射水市 0766-51-6685
舟橋村 076-464-1121(代表) 内線22
上市町 076-472-1111(代表) 内線327
立山町 076-462-9972
入善町 0765-72-1100(代表) 内線315
朝日町 0765-83-1100(代表) 内線231

【 情報発信元 】
農林水産部 農業経営課 農地利用係 電話:076-444-3269  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 農業経営課 農地利用係
電話:076-444-3269