富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 農村振興課 > 「とやまジビエ」(イノシシ肉)の普及について > 「富山県獣肉の衛生管理及び品質確保に関するガイドライン」について

「とやまジビエ」(イノシシ肉)の普及について

最終更新日:2017年4月1日

「富山県獣肉の衛生管理及び品質確保に関するガイドライン」について

 県では、衛生上の安全が確保されたイノシシ肉が供給されることを目指し、「富山県獣肉の衛生管理及び品質確保に関するガイドライン」を策定しました。
 ガイドラインは、野生獣肉(イノシシ・シカ)を流通させる前提で捕獲や解体に関わる方を対象としていますが、狩猟者の皆様が自家消費用として解体する場合にも、ガイドラインの内容を実践していただくことにより、食中毒を防ぐことができます。

【野生獣肉について】
 ・ 野生獣肉を食べる際には、中心部が85℃で1分間以上またはこれと同等以上の加熱と
  なるよう十分な加熱を行い、生食はしないでください。
 ・ 加熱したものであっても、内臓を食べることは避けてください。


※平成29年3月 参考資料を改訂しました。

【 情報発信元 】
農林水産部 農村振興課 電話:076-444-3380  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 農村振興課
電話:076-444-3380