富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 森林政策課 > 富山県産材パネル型枠の使用について

富山県産材パネル型枠の使用について

最終更新日:2014年7月16日

 これまで県が施工する治山事業では、コンクリート型枠のほとんどがラワン合板型枠を使用していましたが、平成26年4月1日以降の入札工事から、県営治山事業の治山ダム工において、県産材で製作されたコンクリート用パネル型枠を使用しています。

仕様

1 富山県産スギを県内製材所等において板材(幅0.18m)に製材し、桟木を組み合わせて
 合板型枠と同寸法(縦0.9m×横1.8m、厚さ15mm)のパネル状型枠に製作したもの。
 {仕様書(製造編)、型枠図面 参照}

2 表面無塗装。剥離材の塗布不要。防腐剤や接着剤も不使用。
 {仕様書(施工編) 参照}

特徴

1 どこでも、(製材所や工事現場でも)製作組立が可能。

2 埋設型の為、脱型作業が不用でスピーディかつ安全。

3 従来施工単価よりも安価。

4 低質木材でも使用可能。

対象事業と使用箇所

1 県営治山事業における重力式コンクリートダム(無筋)の上流側で、ダム完成時に上流側
 が土砂で満砂する箇所。

2 上流側の放水路より下側のみ。

【 情報発信元 】
農林水産部 森林政策課 電話:076-444-3384  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 森林政策課
電話:076-444-3384

関連ファイル