富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 森林政策課 > 水と緑の森づくり事業の実績と評価結果 > 平成24年度水と緑の森づくり事業及び平成20年度水と緑の森づくり事業による森林整備後5年経過の評価結果

水と緑の森づくり事業の実績と評価結果

最終更新日:2017年10月26日

平成24年度水と緑の森づくり事業及び平成20年度水と緑の森づくり事業による森林整備後5年経過の評価結果

平成25年10月4日(金)に開催した「富山県森林審議会森づくり部会」において、(1)平成24年度に実施した水と緑の森づくり事業 及び (2)平成20年度に実施した「里山再生整備事業」、「みどりの森再生事業」による森林整備の5年経過後の森林状態について、以下のとおり評価をいただきました。

1 評価結果等

(1)平成24年度水と緑の森づくり事業の評価
  7事業すべて「達成」と評価されました。

事業名 評価のポイント
(1)里山再生整備事業 H24計画242haに対し、260haの整備を実施
(2)みどりの森再生事業 H24計画160haに対し、165haの整備を実施
(3)実のなる木の植栽事業 H24計画10,000本に対し、13,840本(14ha)の植栽を実施
(4)優良無花粉スギ「立山 森の輝き」普及推進事業 H24計画5,000本に対し、普及PR・試験研究用も含め5,093本を生産し、4,500本を県内で植栽
(5)とやまの森づくりサポートセンター活動推進事業 後期プランの森づくりへの県民参加人数の目標(H28:12,000人)に対し、11,046人の参加実績
(6)とやまの森づくり普及啓発推進事業 「森の寺子屋」を90回(参加者6,684人)実施し、アンケート対象全員が森づくりの大切さが理解できたと回答
(7)県産材利用促進事業 アンケート対象者の96%が公共施設の木造化・木質化は良いと回答。また、木の持つ特徴を好意的に捉えた意見が多数

(2)平成20年度水と緑の森づくり事業による森林整備の5年経過後の評価
  里山再生整備事業、みどりの森再生事業ともに「達成」と評価

事業名 評価のポイント
(1)里山再生整備事業 地域住民等による森づくり活動が継続的に行われ、目的とした森林状況が維持されている
(2)みどりの森再生事業 被害林、過密林ともに広葉樹が侵入し、水土保全機能等の公益的機能の向上が図られている

2 その他

(1) 各事業とも順調に進んでおり森づくりプラン後期計画の目標達成に向けて、今後とも
  更なる県民参加のもとで事業が進むように取り組む必要がある。
(2)森林整備の5年経過後の評価については、いずれも達成と評価されたが、里山再生整備
  事業は今後も地区住民による活動が継続されるように支援が必要である。また、みどりの
  森再生事業では、混交林化に向けて、侵入した広葉樹の生育状況を観察していく必要があ
  る。

【 情報発信元 】
農林水産部 森林政策課 森づくり推進班 電話:076-444-3385  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 森林政策課 森づくり推進班
電話:076-444-3385