富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 森林政策課 > 「とやま花の名所」 > 37 老谷と長坂の大椿(氷見市)

「とやま花の名所」

最終更新日:2017年5月3日

37 老谷と長坂の大椿(氷見市)

老谷(おいだに)

老谷 ツバキ

長坂

長坂 ツバキ 老谷の大椿は老谷の奥深く、山峡の開けた高台の雑木林の中に咲く大ツバキ。推定樹齢700年とも800年とも言われるこのツバキは、戦国時代、無実の罪で打ち首となった武士の墓標のかわりに植えられたとも伝えられています。絡み合うような特異な枝ぶりから「さしまたのツバキ」と言われ、ヤブツバキとしては日本一と言われています。
 また、長坂の大ツバキは10月頃から咲き始め、11月と翌年の2・4月の3回に渡って満開の時を迎えることから「三度咲きのツバキ」とも呼ばれています。

【花と見ごろ】
ツバキ老谷:4月上旬〜中旬
長坂:10月下旬〜4月上旬

【所在地】
氷見市老谷、長坂

【交通】
(老谷)
加越能バスで下岩瀬下車、徒歩30分
JR氷見駅から車で35分
(長坂)
加越能バスで宇波下車、徒歩60分
JR氷見駅から車で35分

【問い合わせ】
氷見市観光・マーケティング・おもてなしブランド課
(0766)74-8106

Googlemap
大きいサイズで見る

地図

地図

【 情報発信元 】
農林水産部 森林政策課 みどり企画係 電話:076-444-3384  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 森林政策課 みどり企画係
電話:076-444-3384