富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 農林水産部 農村整備課 > とやまの農業・農村が持つ多面的機能 > (1)まもる (県土の保全)…… 洪水防止機能など

とやまの農業・農村が持つ多面的機能

最終更新日:2012年2月4日

(1)まもる (県土の保全)…… 洪水防止機能など

  毎日の安心と安全を守ります。

【県土をまもる】洪水を防ぎます

 水田は周りをあぜに囲まれており、雨が降ると川に流れ出さずにいったん雨水を溜めてくれます。水はその後ゆっくり流れ出すので川は急激に増水せず、下流は洪水から守られているのです。

洪水防止機能:244億円

 ほ場整備が進むと、水田の貯水能力も高まります。あぜが高くなって、県内の田んぼの貯水量は約7,600万立方メートル増えました。これは東京ドーム39杯分に相当します!

(写真:ほ場整備された水田(南砺市北山田北部地区))

地すべりや土砂崩れを防ぎます

 山間地の棚田が整備されると耕作放棄が防止でき、土壌の浸食や崩壊を防ぐことにつながります。また水田の貯水は川への土砂の流出も抑えるので、土砂災害を防いでいます。

土砂浸食崩壊防止機能:18億円

(写真:土砂崩壊を防止している棚田(富山市 山田 宿坊))

 

【 情報発信元 】
農林水産部 農村整備課 電話:076-444-3375  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

農林水産部 農村整備課
電話:076-444-3375