富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 富山県境川ダム管理事務所 > 境川ダムの概要

境川ダムの概要

最終更新日:2015年11月28日

境川ダムの概要

境川ダムを撮影した画像 境川は県西南部に位置し、その源を白山山系の北端笈ヶ岳(おいずるがたけ)に発し、富山・岐阜県境を流下し庄川に合流する、流路延長15.7km、流域面積44.8km2の一級河川です。
 境川ダムは、山間部の境川及び庄川の洪水被害の防除と、射水平野の農業用水必要量の増大及び高岡市等の上水、工業用水の需要増大に対処するため、洪水調節、特定かんがい、水道用水、工業用水、発電及び消流雪用水の確保を目的とする多目的ダムで、境川総合開発事業の一環として建設されたものです。
 ダム建設事業は昭和46年度に予備調査を開始し、昭和51年度に建設工事に着手して以来、18年間の歳月と385億円の巨費をかけて平成5年度に完成しました。

※パンフレットはページ右側の「関連ファイルのダウンロード」からご覧になれます。

ダムの諸元

位置 左岸
右岸
富山県南砺市桂
岐阜県大野郡白川村加須良
目的 洪水調節、特定かんがい、水道用水
工業用水、消流雪用水、発電
工期 予備調査
実施計画調査
建設
昭和46年度〜昭和47年度
昭和48年度〜昭和50年度
昭和51年度〜平成5年度
ダム諸元 型式
堤高
堤頂長
堤体積
ダムサイト地質
集水面積
湛水面積
総貯水容量
有効貯水容量
堆砂量
洪水調節
特定かんがい
水道用水
工業用水
消流雪用水
発電
重力式コンクリートダム
115.0m
297.5m
713,000m3
流紋岩
37.7km2
1.6km2
59,900,000m3
56,100,000m3
3,800,000m3
5,400,000m3
24,700,000m3
10,300,000m3
15,700,000m3
(400,000)m3
(50,700,000)m3
放流施設 クレスト
取水設備
放流管
放流管設備
自由越流 高6.3m×幅13.7m×2門
鋼製多段式ゲート 1門
径1,500mm 1条
利水放流ゲート、低水放流ゲート 各1門
計画概要 洪水調節



特定かんがい

上水

工水

発電



消流雪
調節方式 自然調節
治水安全度 1/50
計画雨量 260mm/日
設計洪水流量 900m3/s
かんがい面積 2,450ha
最大使用水量 11.73m3/s
供給先 高岡市、氷見市、射水市
最大使用水量 209,000m3/日
供給先 高岡市、射水市
最大使用水量 320,000m3/日
発電所名 境川発電所(関西電力(株))
型式 ダム水路式
出力 24,200kW(最大)
使用水量 13.0m3/s(最大)
供給先 南砺市
使用水量 1.30m3/s(最大)

【 情報発信元 】
富山県境川ダム管理事務所 電話:0763-67-3134  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

富山県境川ダム管理事務所
電話:0763-67-3134

関連ファイル