富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 富山県子撫川統合ダム管理事務所 > 五位ダムについて > 五位ダムの目的

五位ダムについて

最終更新日:2016年3月15日

五位ダムの目的

過去の経緯

溜池数・皿池について 氷見市では、標高の低い丘陵を流れる小河川が唯一の水源であったため、田や畑に使う水が絶対的に不足していました。水不足は深刻であり、人々は「水の反復利用」、「揚水ポンプによる水の汲み上げ」や「ため池をつくること」等により水不足と闘ってきました。

 昭和25年に実施された調査によると、氷見郡内のため池の箇所数は3,274箇所あったことが報告されています。(表1)これによると全国的に見ても異常な高密度でため池が分布し、中には、平地に穴を掘って周りから滲み出る水を溜め、二人で桶に縄をつけて汲み出す皿池(替え池)と呼ばれるものもありました。

 しかし、干天が続くと、真っ先に皿池(替え池)は乾いてしまい、水の争いが起こることもしばしばあったと言われています。

 中でも、記録的な干ばつの年である昭和42年では、春の田植えが6割余り進んだ5月11日から6月24日まで、連続45日の干天が続き田の半分以上で地割れが発生しました。
 昭和42年6月24日時点での水稲の被害面積は、
   作付不能        4.7ha
   枯渇寸前      227.5ha
   用水不足    2,290.5ha
 に及びました。また、
   ため池枯渇数      883箇所
   揚水ポンプ設置数    682箇所
   ホース設置長さ 180,650m
 にのぼり、その対策費用及び労力も膨大なものでした。

 この記録的な大干ばつをきっかけに、水不足を解消したいという長年の夢を叶えるために人々が奮起し、国営事業が立ち上がり、水源を流域変更による他地域(1級河川 子撫川)に求めることとなりました。

【 情報発信元 】
富山県子撫川統合ダム管理事務所 電話:0766-67-3107  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

富山県子撫川統合ダム管理事務所
電話:0766-67-3107

関連ファイル