富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 富山県新川土木センター > 主要事業の概要 > 11 北山地区 地すべり対策事業(平成28年3月概成)

主要事業の概要

最終更新日:2017年3月11日

11 北山地区 地すべり対策事業(平成28年3月概成)

 北山地区は二級河川角川水系富川の西側斜面に位置しています。約38haの地すべり区域内には、人家39戸、老人ホーム、鉱泉旅館、県道坪野湯上野線等があり、地すべり災害が発生すれば、甚大な被害が想定されます。地質は、非常に脆弱な新第三紀層で形成されており、地すべり地形が顕著に認められ、昭和55年3月には斜面崩壊により民家が半壊する被害が発生しています。
 このため、地すべりの発生を抑制・抑止するための地すべり対策工を実施しています。

事業の概要

事業箇所 魚津市北山
事業概要 地下水排除工 集水井工 N=9基、集水ボーリング工 L=6,190m
            横ボーリング工 L=12,395m
     アンカー工 N=124基
     抑止杭工N=65本
     法面保護工 A=2,770m2
事業期間 平成5年度〜平成27年度

北山地区空撮

施工状況集水井工(H19施工)

施工状況2アンカー工(H25施工)

【 情報発信元 】
富山県新川土木センター 電話:0765-22-9114  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

富山県新川土木センター
電話:0765-22-9114