富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 富山県新川土木センター > 主要事業の概要 > 6 二級河川沖田川放水路整備事業(平成29年3月完成)

主要事業の概要

最終更新日:2017年3月11日

6 二級河川沖田川放水路整備事業(平成29年3月完成)

 滑川市街地を流れる中川や支川の沖田川は、古くからかんがい用排水路として整備されて
きたことから、流下能力は小さく、洪水による被害がたびたび発生しており、平成13年6月29日の豪雨では459棟の家屋が浸水被害に見舞われました。
 平成14年3月には、昭和47年度から整備を進めてきた中川放水路が完成したことで、中川本川の浸水被害は軽減されましたが、沖田川については、下流部の流域が大きいことに加え
流下能力が小さいことから、近年でも平成24年9月11日の豪雨により45棟が浸水するなど、住民の不安が解消されるには至っていませんでした。
 このため県では、沖田川の下流域における治水の安全性を高めるため、平成14年度から
滑川市が整備する都市計画道路加島町下島線の地下に箱型の水路(函渠)を設置して、富山湾に直接洪水を放水する沖田川放水路の整備を実施し、平成29年3月に完成しました。

事業の概要

事 業 箇 所 :滑川市加島町〜下島
事 業 概 要 :放水路(函渠) L=420m
計画最大流量:Q=27m3/s(洪水時全量カット)
函 渠 断 面 :内幅(W)5.6m × 内高(H)3.3m

計画図

施設の概要

標準横断図と流量配分図

【 情報発信元 】
富山県新川土木センター 電話:0765-22-9114  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

富山県新川土木センター
電話:0765-22-9114

関連ファイル