富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 建設技術企画課 > 「とやまの土木」見学会を開催しました!

「とやまの土木」見学会を開催しました!

最終更新日:2017年12月1日

秘密の土木探検ツアー 〜色々なゲートウェイを見に行こう〜をテーマとした「とやまの土木」見学会を開催しました。
見学会では、空港や港の立入制限区域や工事中の駅構内など普段なかなか入ることのできない土木施設を見学し、“とやまの土木”への関心を高め、その役割や魅力を知っていただきました。
なお、この見学会は県と土木学会中部支部の共同主催により開催しました。

見学会の概要

募集案内◇テーマ:秘密の土木探検ツアー
     〜色々なゲートウェイを見に行こう〜

◇開催日時:平成29年10月21日(土)
      9:00〜15:30

◇見学先:
 (1)富山駅付近連続立体交差事業
 (2)富山きときと空港
 (3)伏木富山港 国際物流ターミナル

見学会の様子1(富山駅付近連続立体交差事業)

富山駅付近連続立体交差事業富山駅およびその周辺で行われている連続立体交差事業について学びました。
あいの風とやま鉄道の下り線の高架化の工事や、高架化された上り線ホームの見学を通し、事業の現状や必要性を学び、参加者からは多くの質問が出ていました。

見学会の様子2(富山きときと空港)

富山きときと空港空港の保安区域内で札幌便の出発準備を見学しました。
普段は入れない区域での見学で、子供たちも興味を持って見学していました。
最後には、みんなで横断幕を持って、飛行機の出発を見送りました。
滑走路のメンテナンスなどの空港の維持管理も「土木のしごと」です。

見学会の様子3(伏木富山港 国際物流ターミナル)

国際物流ターミナル普段は入れない国際物流ターミナルの構内で、伏木富山港や国際物流ターミナルの概要や役割を学びました。
ガントリークレーンによる荷役作業などを見学し、国際物流ターミナルの役割や魅力を感じていただきました。

参加者の声

参加者からのアンケートでは、「普段入れないところに入り、詳しい説明が聞けたのでよかった」や「とても珍しくて楽しかった」、「仕事ぶりを見られてよかった」などのご意見をいただきました。

【 情報発信元 】
土木部 建設技術企画課 電話:076-444-3316  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 建設技術企画課
電話:076-444-3316