富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 建設技術企画課 > 建設工事の現場代理人の常駐及び技術者の専任に係る取扱いについて(改正)

建設工事の現場代理人の常駐及び技術者の専任に係る取扱いについて(改正)

最終更新日:2014年3月4日

 国土交通省土地・建設産業局建設業課長から「建設工事の技術者の専任等に係る取扱いについて(改正)」(平成26年2月3日付け国土建第272号)【別添1】が通知されたことに伴い、次のとおり運用することとします。
 なお、平成25年2月25日付け「建設工事の現場代理人の常駐及び技術者の専任に係る取扱いについて」は、廃止します。
 

1 現場代理人の常駐の取扱いについて

 このことについては、「富山県建設工事標準請負契約約款第10条の改正にかかる現場代理人の工事現場における常駐等の運用について(通知)」(平成23年3月31日付け建技第107号)【別添2】によるが、当面の間、この通知の「2 現場代理人の工事現場における兼務について」を以下のとおり取扱うものとする。
 なお、この取扱いは平成26年3月10日以降に見積の依頼、指名の通知又は入札の公告を行う工事から適用する。

 「2 現場代理人の工事現場における兼務について」
 次の場合については、現場代理人を兼務させることができるものとする。

 (1)現場代理人を兼務させることができる場合は、次の1または2の場合に限る
 1、共通仮設費、現場管理費及び一般管理費等を調整した工事(近接工事)
 2、以下の全てを満たす場合
 (a)工事現場相互の間隔が10km程度に近接していること
 (b)兼務する工事の件数は、他の発注機関の工事も含め2件であること
 (c)工事現場の運営、取締り等が困難でないこと
 (d)発注者と常に携帯電話等で連絡をとれること
 (e)発注者が求めた場合には工事現場に速やかに向かう等の対応を行えること

 (2)現場代理人兼務工事の申出及び承認
 受注者は、現場代理人を兼務配置したいときは、発注者に対し「現場代理人兼務工事申出書」により申出なければならない。工事期間中に新たに兼務配置したいときも同様に申出なければならない。
 発注者は申出があった場合、速やかに「現場代理人兼務工事回答書」により回答するものとする。
 なお、承認にあたっては、下の条件を付すものとする。
<条件>
 現場代理人の工事現場における運営、取締り及び権限の行使に支障をきたさないこと。
 発注者との連絡体制を確保すること。

2 技術者の専任に係る取扱いについて

 このことについては、「建設工事の技術者の専任等に係る取扱いについて(改正)」(平成26年2月3日付け国土建第272号)によるが、以下のとおり追記して運用する。
 なお、この取扱いは平成26年3月3日以降に申出のあった工事から適用する。

(1)専任を要する主任技術者を兼務させることができる工事は次の1及び2を満たすものとする
1、同一の主任技術者が管理することができる工事の件数は、専任が必要な工事を含む場合は2件であること
2、低入札価格調査制度の調査基準価格に満たない価格をもって契約した工事でないこと

(2)主任技術者の兼務工事の申出及び承認
 受注者は、専任を要する主任技術者を兼務配置したいときは、発注者に対し「主任技術者兼務工事申出書」により申出なければならない。工事期間中に新たに兼務配置したいときも同様に申出なければならない。  
 発注者は申出があった場合、速やかに「主任技術者兼務工事回答書」により回答するものとする。
 なお、承認にあたっては、下の条件を付すものとする。
<条件>
 主任技術者の工事現場における工程管理、品質管理及びその他技術上の管理等に
支障をきたさないこと。

【 情報発信元 】
土木部 建設技術企画課 電話:076-444-3316  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 建設技術企画課
電話:076-444-3316