富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 建設技術企画課 > 総合評価方式 > 「若手技術者の育成」を評価の対象とした総合評価方式の試行の実施について

総合評価方式

最終更新日:2017年7月8日

「若手技術者の育成」を評価の対象とした総合評価方式の試行の実施について

 建設企業は、社会資本の整備や雇用の確保はもとより、地域の災害復旧や除雪対応の面で大きな役割を果たしており、改正品確法においても、「将来にわたる公共工事の品質確保とその中長期的な担い手の確保」が基本理念に追加されたところです。
 経験の少ない若手技術者は『配置予定技術者の能力』に関する評価点数が低くなるため、配置予定技術者として登録されにくい傾向にあり、次世代の技術者を育成する妨げとなっているとの指摘もあることから、『配置予定技術者の能力』の評価項目である「施工実績」については、現行の「主任技術者又は監理技術者での実績」に加えて「現場代理人での実績」も過去の実績として評価の対象とする、「若手技術者の育成」を評価の対象とした総合評価方式の試行工事を実施します。

1.総合評価方式における「若手技術者の育成」の評価内容

評価項目 評価基準 配点
『配置予定技術者の能力』の
「施工実績」
主任(監理)技術者又は現場代理人としての一定期間内における同種・類似工事の実績の有無
※配点は主任(監理)技術者と同等とし、35歳未満の若手技術者については過去の現場代理人の実績において資格保有等の要件は付さない。(なお、35歳以上の技術者については、現場代理人として従事していた際に主任(監理)技術者と同等の資格を有していたことを条件とする。)
有:5点/
無:0点

2.評価項目及び配点(簡易型Aの場合)

評価点数「施工実績(5点)」は変わらない。

基本項目 評価項目(括弧内数字:評価項目毎の配点) 配点
簡易な施工計画 (課題は入札公告に記載) 50
企業の施工能力 施工実績(10)、工事成績(25)、優良表彰(10)、ISO認定(5)、技術者数(10) 60
配置予定技術者の能力 施工実績(5)、工事成績(10)、保有資格(3)、CPD(2) 20
企業の地域性・社会性 主たる営業所の所在地(25)、災害協定(5)、除雪契約(10) 40
評価点数 170
技術加算点 25

(参考)評価値の算出方法
○技術加算点(A)=25点(技術加算点の満点)×評価項目の点数÷170点(評価点数の満点)
○評価値={100点(標準点)+技術加算点(A)}÷入札価格(単位:百万円)

3.その他

(1)総合評価方式に関する留意事項
・配置予定技術者の年齢については、申請期限日現在とします。

【 情報発信元 】
土木部 建設技術企画課 企画調整係 電話:076-444-3313  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 建設技術企画課 企画調整係
電話:076-444-3313