富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 建設技術企画課 > 各種施策(CALS/EC、リサイクル製品、品確法、土木新製品支援事業) > 富山県CALS/EC

各種施策(CALS/EC、リサイクル製品、品確法、土木新製品支援事業)

最終更新日:2017年8月26日

富山県CALS/EC

◆更新情報◆
平成29年8月1日適用 
 「電子小黒板の活用」を実施。(「富山県CALS/EC」から通知をご覧いただけます。)

平成26年10月15日適用 
 「富山県電子納品運用ガイドライン(案)」のうち、【土木工事編】の本文及び【建築工事編】の本文を一部改定しました。(下の関連ファイルからダウンロードできます。)

平成23年1月6日
「FAQ(よく寄せられる質問)」を一部更新しました。

平成22年8月25日 
 「富山県電子納品運用ガイドライン(案)」のうち、【土木工事編】の本文及び付属資料を更新しました。(語句訂正等)

平成22年4月15日適用 
 「富山県電子納品運用ガイドライン(案)」を改定しました。

CALS/ECとは?

CALS/ECの概要CALS/ECとは、
Continuous Acquisition and Life-cycle Support/ Electronic Commerce
の略称です。
日本語では、「公共事業支援統合情報システム」といいます。
従来は紙で交換されていた、公共事業の計画、調査、設計、入札、施工および維持管理に関する書面や図画などの情報を電子化するとともに、インターネットを活用して公共事業に関連する多くのデータベースを連携して使える環境を創出する取り組みです。

公共事業の調査・計画、設計、入札、施工及び維持管理の各事業プロセスで発生する図面・地図や書類、写真等の各種情報を電子化し、通信ネットワークを利用して、関係者間及び事業プロセス間で効率的に、情報を交換・共有・連携できる環境を創出することにより、公共事業の業務プロセスの改善が図られるものです。

具体的な取り組みの例としては、インターネットを活用して入札を行う「電子入札」や、設計等業務成果品や工事完成図書(図面、写真、文書など)を電子データ(CD-R等)で提出する「電子納品」があります。

県民の皆さんへのメリット

■公共事業の入札・契約等の過程や内容に関する情報の公開が促進され、事業の透明性が向上します。
■公共施設の維持管理が迅速になるなど、行政サービスが向上し、利便性が高まります。

受注者の皆さんへのメリット

■インターネットを利用した電子入札を行うため、担当者の移動に要するコストや書類作成のコストが縮減されると共に、入札参加機会が多くなります。
■発注者や工事関係者との情報交換がより正確で迅速となり、業務の効率化、生産性の向上が図られます。

発注者のメリット

■電子入札をすることにより、入札・契約事務が効率化されます。
■書類や図面等の情報を共有、再利用することにより品質の向上や業務の効率化、コスト縮減が図られます。

関連リンク一覧

関連ファイル

【 情報発信元 】
土木部 建設技術企画課 技術指導係 電話:076-444-3298  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 建設技術企画課 技術指導係
電話:076-444-3298