富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 建設技術企画課 > 富山県の建設リサイクルについて > 建設リサイクル法 4.建設リサイクル法の施行概要について(届出窓口,再資源化施設の一覧表)

富山県の建設リサイクルについて

最終更新日:2016年8月9日

建設リサイクル法 4.建設リサイクル法の施行概要について(届出窓口,再資源化施設の一覧表)

「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」(建設リサイクル法)は、循環型社会の形成に向けて、特定の建設資材について分別解体と再資源化を実施し、リサイクルの促進を図るために制定され、平成14年5月30日から次のとおりに施行されています。

1 コンクリート、アスファルト、木材のいずれかを用いた建築物の解体工事や新築工事などで、下記の規模以上の工事(対象建設工事)については、基準に従って分別解体し、再資源化することが義務付けられます。

対象建設工事の種類 規模の基準
建築物の解体工事 延床面積 80m2以上
建築物の新築・増築工事 延床面積 500m2以上
建築物の修繕・模様替工事(リフォームなど) 工事金額 1億円以上
その他の工作物に関する工事(土木工事など) 工事金額 500万円以上

2 対象建設工事の発注者(建築主など)は、分別解体計画の事前届出が義務付けられます。

(1)事前届出の書類
 届出書、写真又は設計図 1部(様式は建設技術企画課のホームページ参照)

(2)事前届出の提出先
 ※届出窓口の詳細については関連ファイルをご覧下さい。
 
(3)事前届出の時期
 工事に着手する日の7日前まで

事前届出の提出先
対象建設工事が行われる市町村 計画の届出先
富山市 建築物その他工作物 富山市 建築指導課・富山市 建設政策課
(富山市土木事務所管理課(大沢野行政サービスセンター3F)でも届出可能です。)
高岡市 建築物その他工作物 高岡市 建築指導課
富山市、高岡市以外の市町村 建築物その他工作物 管轄する県の土木センター(建築課)、管轄する県の土木センター(管理検査課)または土木事務所(担当窓口)

 3 対象建設工事の元請業者は、再資源化が完了後に発注者(建築主など)への報告が義務付けられます。

4 建築物の解体工事の実施には、建設業の許可又は解体工事業の登録、技術管理者の設置、現場における標識の掲示などが義務付けられます。

(解体工事業の登録は平成13年5月30日より開始済)

※詳しくは関連ファイルをご覧下さい。

5 <参考>再資源化施設の一覧表(H24年5月現在)

※関連ファイルをご覧下さい。

【 情報発信元 】
土木部 建設技術企画課 技術指導係 電話:076-444-3298  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 建設技術企画課 技術指導係
電話:076-444-3298

関連ファイル