富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 建設技術企画課 > とやまの土木遺産 > 泥谷砂防堰堤群(どろたにさぼうえんていぐん)

とやまの土木遺産

最終更新日:2014年6月18日

泥谷砂防堰堤群(どろたにさぼうえんていぐん)

泥谷砂防堰堤群(写真提供:国土交通省北陸地方整備局立山砂防事務所)
 常願寺川支渓のうち、荒廃著しい泥谷の侵食拡大防止のために旧内務省直轄で築かれた階段式砂防堰堤群で、昭和13年に完成しました。標高差122m、延長457mの急傾斜面に、台形の越流部を有する重力式石張りコンクリート造堰堤20基、床固3基が連続的に築かれています。

●富山県の砂防事業の基幹をなすもの。
●「砂防の父」赤木正雄博士による計画

国登録有形文化財 平成14年6月25日登録
所在地:富山市有峰地先
問合せ先:富山県教育委員会 TEL 076-444-3456
国土交通省立山砂防工事事務所 TEL 076-482-1111
公共交通機関:一般立入不可能

【 情報発信元 】
土木部 建設技術企画課 企画調整係 電話:076-444-3313  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 建設技術企画課 企画調整係
電話:076-444-3313