富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 建設技術企画課 > とやまの土木遺産 > 笹津橋(ささづばし)

とやまの土木遺産

最終更新日:2014年6月18日

笹津橋(ささづばし)

笹津橋 笹津橋は大沢野町と細入村の境で神通川に架かる橋で、昭和16年に完成しました。この笹津橋は4代目であり、現存する戦前の橋としては全国2番目の大スパンアーチ橋です。神通橋の美しい周辺環境と調和し、躍動感のあるデザインが特長であり、元建設技監高野務氏が富山県土木課在職中に設計したものです。

●現存する戦前2番目の大スパンアーチ
●美しい峡谷にマッチした跳躍感が大きいデザイン
●長年、地域の産業・文化の発展に貢献
●橋梁としては、桜橋に次いで県内第2号

国登録有形文化財 平成12年2月15日登録
所在地:富山市笹津〜富山市西笹津
問合せ先:富山県教育委員会 TEL 076-444-3456
国土交通省北陸地方整備局富山河川国道事務所
TEL 076-424-1701
公共交通機関:JR高山本線「笹津駅」下車徒歩10分

【 情報発信元 】
土木部 建設技術企画課 企画調整係 電話:076-444-3313  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 建設技術企画課 企画調整係
電話:076-444-3313