富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 建築住宅課 > 景観づくり施策 > うるおい環境とやま賞

景観づくり施策

最終更新日:2021年1月8日

うるおい環境とやま賞

 県では、うるおいや安らぎを感じさせる景観を選ぶ「うるおい環境とやま賞」を昭和62年度から平成14年度まで実施し、県内の73カ所を表彰してきました。平成15年度に富山県景観条例が施行されたことを受け、平成16年度からは、それまでの「うるおい環境とやま賞」の歴史と伝統を引き継ぎながらも、表彰対象を小規模な案件や景観づくり活動まで大きく拡大し、景観づくりの取組を幅広く表彰する賞として新たにスタートしています。
 このページでは、これからの賞の募集に関することやこれまでの「うるおい環境とやま賞」について紹介します。

顕彰の対象

A: 単体の建築物や土木施設、工作物等で、周辺や地域の景観づくりのための配慮・工夫が
  優れているもの
B: 複数の建築物等から成る生活空間や、意識的に景観づくりが行われた自然を中心とする
  環境で、景観が優れているもの
C: 景観づくりの推進を目的とした個人または団体による活動で、顕著な功績があったもの

賞の種類

土の賞: 地域の歴史や文化、自然などを守り、生かした景観づくり
風の賞: 現代的要素や独創性など、新たな息吹を感じさせる景観づくり
水の賞: 水を効果的に活用した景観づくり
緑の賞: 花や緑を効果的に活用した景観づくり
光の賞: 地域への愛情に基づいた景観づくり活動

令和2年度 【土の賞】氷見駅前周辺施設

氷見駅前周辺施設1

氷見駅前周辺施設2

氷見駅前周辺施設3 氷見駅利用者向けに設置された公共トイレ、キャノピー(雨雪よけ)、自転車置場です。市が市民と話し合いながら計画された施設で、氷見産木材が多用され屋根の鰤の雪割り瓦が再現されています。トイレの外壁には大きな窓ガラスがあり、夜間は内部のライトにより屋根を支える整然と並んだ垂木が見えます。昔ながらの漁師の番屋がイメージされる氷見の玄関口が周囲に馴染んでいることが高く評価されました。

所有者:氷見市
設計者:株式会社栗生総合計画事務所
施工者:東工業株式会社
    株式会社島屋

令和2年度 【風の賞】K−TOWN

K−TOWN1

K−TOWN2

K−TOWN3 黒部駅前にある四戸一棟の単身向け社有寮25棟と商業テナントも入る共用施設(K−HALL)から構成されている低層の集合住宅地です。共用施設とともに地域に開かれたコモンスペースには、整備前からある高い松林が残されており、住宅の落ち着いた色彩の外壁には緑化が施されています。敷地内を歩くと小規模な住棟の間から見え隠れする多様な風景を楽しむことができる点が高く評価されました。

所有者:YKK株式会社
設計者:株式会社アプルデザインワークショップ
施工者:株式会社カネタ建設
    共和土木株式会社
    第一建設株式会社    
    廣川建設工業株式会社
    松井建設株式会社
        

令和2年度 【風の賞】株式会社能作新社屋・新工場

株式会社能作新社屋・新工場1

株式会社能作新社屋・新工場2

株式会社能作新社屋・新工場3 高岡市のオフィスパークにある鋳物メーカーの施設です。全体的に建物の高さを低く抑える一方で、鋳造炉の炎をイメージした赤い円筒形を表出させ、夏場の木々や冬場の雪景色にも映える外観となっています。建設から数年が経過し、しっかり管理が行き届いて、敷地内の緑も豊かに成長しています。高岡銅器の伝統産業に新風を吹き込む企業の姿勢が施設の外観にも表れている点が高く評価されました。 

所有者:株式会社能作
設計者:株式会社アーキヴィジョン広谷スタジオ
施工者:塩谷建設株式会社

令和2年度 【水の賞】古上野どんど公園

古上野どんど公園1

古上野どんど公園

古上野どんど公園3 砺波平野の水田を潤す庄川からの用水が分岐する場所にある公園です。公園内の植栽が地域住民によってきちんと保全管理されており、背の高い樹木に囲まれた公園の中で、水が音を立てて流れ落ちる様子を見ることができます。その音が「どんど」と聞こえることが名称の由来となっています。水の動きと流れ落ちる音が織りなす心地良い風景が創出されているところが高く評価されました。

所有者:砺波市
管理者:古上野自治会

令和2年度 【光の賞】城端ひまわりプロジェクト

城端ひまわりプロジェクト1

城端ひまわりプロジェクト2

城端ひまわりプロジェクト3 城端地域安全なまちづくり推進センターの役員らが城端駅付近の花壇やプランターと桜ヶ池近くの温泉宿泊施設に隣接する畑でひまわりを育てている活動です。東日本大震災の被災地に咲くひまわりに感銘を受けた当時の城端交番所長が、福島のひまわりから花を育てることを提案しました。土づくりから始める景観づくり活動が住民交流の原動力となり、南砺市に新しい名所を作り上げたことが高く評価されました。

活動地:南砺市
活動者:城端ひまわりプロジェクト実行委員会

【 情報発信元 】
土木部 建築住宅課 景観係 電話:076-444-9661  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 建築住宅課 景観係
電話:076-444-9661

関連ファイル