富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 建築住宅課 > 屋外広告物 > 景観広告ガイドライン

屋外広告物

最終更新日:2017年11月21日

景観広告ガイドライン

 富山らしい美しい景観を創り守っていくため、景観に配慮した屋外広告物を「景観広告」と位置づけ、その具体的なデザインや企画の際の配慮事項等について分かりやすく紹介する「富山県景観広告ガイドライン」を発行しました。

 ガイドラインの趣旨をご理解のうえ、看板等の屋外広告物を発注・施工される際には、景観に配慮した屋外広告物の企画・掲出等にご協力いただきますようお願いいたします。

富山県景観広告ガイドライン

画像

「富山らしさ」をつくる「景観広告」

 富山県には立山連峰に象徴される世界的にも価値ある自然景観があります。また、その恵みを受けて文化が育まれ、伝統的な町並みも数多く残されています。これらの景観は「富山らしさ」をつくる基盤になるもので、県民の心のよりどころとなっているだけでなく、富山県を訪れる方々に対しても富山県の良いイメージをつくる源になっています。
 一方、モータリゼーションの進行により郊外の幹線道路沿いには大きな駐車場を備えた利便性の高い店舗が進出していますが、それら大型店舗の多くは全国共通の屋外広告物を設置しており、地名を聞かなければどこのまちかわからないような状況になっています。また、中には景観を阻害するような大型で派手な看板を設置しているところも見受けられます。
 21 世紀は「心の時代」とも言われています。富山らしい美しい景観を創り、守っていくことは、県民に課せられた次の世代への責務ともいえます。
 そこで、景観広告ガイドラインでは景観に配慮し、富山らしい生き生きとしたまちづくりに寄与する屋外広告物を「景観広告」と位置づけ、具体的に企画やデザインの手法について紹介します。

Contents

● 地域らしさをつくる景観広告
   「生活景観」が重要です
   地区特性に応じた計画づくり
   モデル地区
   まちづくりへの活用事例
● 屋外広告物の基礎知識
   屋外広告物の種類
   法律の知識
   屋外広告物は「広告」です
   屋外広告物の特殊性
● 効果的な広告づくり
   広告戦略の基礎知識
   店舗のサイン計画
   フランチャイズチェーンの特別仕様
   効果の上がる広告を考える
● 企画・デザインの基本
   企画時の配慮
   文字や図形の設定
   色彩計画
   色彩調和の方法
● ケーススタディ
   広告旗
   車体広告
   花や緑の活用
   夜間照明
   “揃える”デザイン
   好感度の高いデザイン
●看板は商家の顔
●相談窓口

入手方法等

「富山県景観広告ガイドライン」はこのページからダウンロードし、ご覧いただくことが可能です。
また、富山県土木センター、市町村景観担当窓口でご覧いただくことができます。

◆◆◆無断転載等は禁止です◆◆◆
文面、画像等の無断転載はご遠慮ください。
転載等を希望される場合は、下記あて連絡をお願いします。また、出展は必ず記載してください。
(官公庁であっても、連絡をお願いします)

富山県土木部建築住宅課景観係
〒930‐8501(住所記載不要)
TEL 076‐444‐9661(直通)
FAX 076‐444‐4423

【 情報発信元 】
土木部 建築住宅課 景観係 電話:076-444-9661  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 建築住宅課 景観係
電話:076-444-9661