富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 建築住宅課 > 宅地建物取引業について > ○住宅瑕疵担保履行法に基づく届出(宅地建物取引業者向け)について

宅地建物取引業について

最終更新日:2018年5月17日

○住宅瑕疵担保履行法に基づく届出(宅地建物取引業者向け)について

 住宅の品質確保の促進等に関する法律に定める新築住宅の請負人及び売主が負う10年間の瑕疵担保責任の履行を確保するため、平成21年10月1日以降に新築住宅を引き渡す請負人(建設業者)及び売主(宅地建物取引業者)は、資力確保措置(保険加入又は保証金の供託)が義務付けられます。

基準日における届出手続きについて

 新築住宅を引き渡した宅地建物取引業者は、毎年2回の基準日(3月31日と9月30日)時点での資力確保措置(保険加入又は保証金の供託)の状況について、基準日から3週間以内(4月21日、10月21日まで)に免許を受けた行政庁に対して届出が必要となります。

届出先について

[届出先]
・富山県知事免許を受けた宅地建物取引業者
 〒930−8501 富山市新総曲輪1番7号
 富山県土木部建築住宅課管理係
 電話:076−444−3355

届出に係る留意事項について

 一度基準日における届出を行った事業者は、その後、新築住宅の引渡し実績がない場合でも、当該届出の対象となった新築住宅に対する瑕疵担保責任が続いている期間中(10年間)は、届出が必要となります。

関連リンク一覧

【 情報発信元 】
土木部 建築住宅課 電話:076-444-3355  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 建築住宅課
電話:076-444-3355