富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 建築住宅課 > 景観づくり施策 > うるおい環境とやま賞

景観づくり施策

最終更新日:2019年11月26日

うるおい環境とやま賞

 県では、うるおいや安らぎを感じさせる景観を選ぶ「うるおい環境とやま賞」を昭和62年度から平成14年度まで実施し、県内の73カ所を表彰してきました。平成15年度に富山県景観条例が施行されたことを受け、平成16年度からは、それまでの「うるおい環境とやま賞」の歴史と伝統を引き継ぎながらも、表彰対象を小規模な案件や景観づくり活動まで大きく拡大し、景観づくりの取組を幅広く表彰する賞として新たにスタートしています。
 このページでは、これからの賞の募集に関することやこれまでの「うるおい環境とやま賞」について紹介します。

顕彰の対象

A: 単体の建築物や土木施設、工作物等で、周辺や地域の景観づくりのための配慮・工夫が
  優れているもの
B: 複数の建築物等から成る生活空間や、意識的に景観づくりが行われた自然を中心とする
  環境で、景観が優れているもの
C: 景観づくりの推進を目的とした個人または団体による活動で、顕著な功績があったもの

賞の種類

土の賞: 地域の歴史や文化、自然などを守り、生かした景観づくり
風の賞: 現代的要素や独創性など、新たな息吹を感じさせる景観づくり
水の賞: 水を効果的に活用した景観づくり
緑の賞: 花や緑を効果的に活用した景観づくり
光の賞: 地域への愛情に基づいた景観づくり活動

令和元年度 【土の賞】呉羽野田のアズマダチ

呉羽野田1

呉羽野田2

呉羽野田3 富山市呉羽地区にある築120年のアズマダチ住宅を大規模改修した住居です。取り壊される可能性もあった本県を代表する様式の住宅を、関東から移住したご夫婦が、既存の骨組みを生かしながら古材を使いリフォームし、世代継承しました。改修後はカイニョ(屋敷林)をはじめ広い敷地内の庭木の手入れが丁寧に行われていることや、ヨガ教室など地域住民が集う場となり昔この家で遊んだ記憶のある近所の方々にも喜ばれていることが高く評価されました。

所在地:富山市
所有者:桃沢 裕幸

令和元年度 【土の賞】若鶴大正蔵

若鶴大正蔵1

若鶴大正蔵2

若鶴大正蔵3 大正11年に築造された酒蔵を、南面の漆喰大壁など土蔵造りの伝統的な特徴を残しながらリノベーションした企業の研修施設です。内部は、フロアが階段状となっており、大屋根と連続する大きな登り梁を活かしたダイナミックな意匠が継承されています。歴史的建造物の魅力を損なわないように再生されただけでなく、入口部分の植栽や空調室外機等の木製目隠しなど、細部にわたり景観への配慮がなされていることが高く評価されました。

所在地:砺波市
所有者:若鶴酒造株式会社
設計者:株式会社金沢計画研究所
施工者:松井建設株式会社北陸支店

令和元年度 【風の賞】黒部市立宇奈月小学校

宇奈月小1

宇奈月小2

宇奈月小3 平成18年に旧宇奈月町内の4小学校が統合し開校した学校です。黒部川扇状地の田園内に位置し、学校全体のコミュニティが向上するよう児童と先生が交流できるスペースが教室以外にも各所に設けられており、全体的にゆとりのある造りとなっています。また、道路側に面した円形のランチルームはデザインが特徴的でありつつ、周囲の景観を損なわずに校舎全体にアクセントを効かせている点が高く評価されました。

所在地:黒部市
所有者:黒部市
設計者:株式会社福見建築設計事務所
施工者:前田建設工業・富山工業共同企業体

令和元年度 【緑の賞】富山県中央植物園

中央植物園1

中央植物園2

中央植物園3 富山市婦中町にある平成8年に全面開園となった県立の植物園です。開園から20年以上が経過し、広大な敷地内では樹木が立派に成長し、見ごたえのある森も形成しています。四季を通じて楽しめる国内外の様々な植物が植えられた園内は、散策に適していることや、池に浮かべられたオオオニバスに子どもたちが乗ることができるイベントなどを通じて、県民の憩いの場となっていることが高く評価されました。

所在地:富山市
管理者:公益財団法人花と緑の銀行

令和元年度 【光の賞】千保川をきれいにする会

千保川1

千保川2

千保川3

 高岡市内を流れる千保川流域の木津小学校区の全自治会、各種団体、有志の住民で会を構成し活動しています。地元の木津小学校の子どもたちが川の水質を調べ、発表したことをきっかけに平成14年に会が発足しました。主な活動内容は、川沿いの約1.8kmの遊歩道・公園等の除草や清掃活動です。また、子ども達の環境学習の一環としてサケを卵から稚魚まで飼育し放流する取組みを行うほか、川沿いの桜の開花時には、桜景観の鑑賞クルーズを開催するなど、多岐にわたる千保川沿いの景観づくり活動が高く評価されました。

活動地:高岡市
活動者:千保川をきれいにする会

【 情報発信元 】
土木部 建築住宅課 景観係 電話:076-444-9661  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 建築住宅課 景観係
電話:076-444-9661

関連ファイル