富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 土木部 都市計画課 > 富山大橋がデザイン賞「奨励賞」を受賞しました!

富山大橋がデザイン賞「奨励賞」を受賞しました!

最終更新日:2015年2月24日

 公益社団法人土木学会景観デザイン委員会が主催して、優れた土木構造物や公共的な空間のデザイン等を表彰する「土木学会デザイン賞2014」において、富山大橋が「奨励賞」を受賞し、平成27年1月25日(日)土木学会講堂にて表彰式が行われました。
 特に評価されたポイントは、次の3点です。
・3つの箱桁を2つの支承で支える構造とし、橋脚天端にR状の切り込みを設け、桁を支える支承の存在を強調することで、支承と橋脚の納まりに程よい緊張感があり、リズミカルな曲線状のブラケットとあわせて美しい仕上がりとなっていること
・橋梁形式として桁橋を採用し、路面電車架線柱と照明柱を集約したセンターポールを採用することで、橋上からの立山連峰の眺望の確保を図っていること
・桁の色彩(青鈍色(あおにびいろ))が周囲に馴染んでいること

桁下からの見上げが、美しい仕上がり

リズミカルな曲線状のブラケットなど、桁下から見上げると美しい仕上がり。3つの箱桁を2つの支承で支える構造とし、橋脚天端にR状の切り込みを設け、桁を支える支承の存在を強調することで、支承と橋脚の納まりに程よい緊張感があり、リズミカルな曲線状のブラケットとあわせて美しい仕上がりとなっているとの高い評価を得ました。

桁色に「青鈍(あおにび)色」を採用

桁色周囲の景観になじむよう、桁の色彩(青鈍色(あおにびいろ))に配慮しました。

路面電車架線柱と照明柱を集約し、眺望を阻害しない橋面処理

走行車両から望む立山連峰路面電車架線柱と照明柱を集約したセンターポールを採用することで、橋上からの立山連峰の眺望の確保を図っています。

土木学会講堂での表彰式の様子

表彰式1月25日に土木学会講堂で行われた表彰式の様子です。

土木学会デザイン賞「奨励賞」の賞状

賞状富山県関係では、「富山県土木部都市計画課」と「富山県富山土木センター」が受賞しました。

【 情報発信元 】
土木部 都市計画課 電話:076-444-3345  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

土木部 都市計画課
電話:076-444-3345